話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

天災殺しの異世界無双

マシュまろ

第21話 姉妹との食事2

*だされた食事は白いシチューのようなスープとバケットだった。マガンは席につき、手を合わせ「いただきます」と言うと早速スープを口に運ぶ。そして、

「うまい!なんだこのスープ!」

と、スープの味に思わずこう叫んでしまった。そんなマガンと一緒に食事をしながらカエデとカリンは嬉しそうに見ていた。

「う〜ん。こんな美味しいスープ始めて食べたな」
「ありがとうございます。まさかそこまで喜んでもらえるとは思いませんでした」
「お兄さんもやっぱりお姉ちゃんのスープに叫んじゃったね」
「そりゃこんなうまいスープを食べたら誰だって叫びたくなるさ」

そうマガンが言うとさらに尻尾を振って喜ぶカエデ。

「スープのお代わりもありますよ」
「ぜひ!!!」

そう言ってマガンは再び皿に注がれたスープを味わった。

*「そういえば…マガンさんはどこからいらっしゃったのですか?」

食事の最中にカエデがそんな疑問を口にする。

「ああ、カリンにもなんか同じこと聞かれたな。『日本』って国から来たんだ」
「『ニホン』…なるほど聞いたことのない国ですね。じゃあ、やっぱりマガンさんはこの世界の人間じゃないんですね」
「!?」

カエデの口から聞くと思わなかった一言を聞いたマガンは思わず食事の手を止める。

「…どういうことだ?」
「あ、あのそんなに警戒しなくても…」
「お兄さん顔が怖いよ」

カエデ達にそう言われ落ち着くマガンはカエデに質問する。

「どこらへんでそう思った?」
「どこらへんというとあった時からでしょうか…なんだか私達と違う雰囲気だなって」
「カリンもか?」
「うん。なんだかほかの人と違う雰囲気だなって」

二人の反応に思わずため息をつくマガンは一人頭を抱える。

(まさかこうも簡単に違う世界から来たことがバレるとは…いや、バレちゃいけないってわけじゃないけど…)

そんなマガンを知ってか知らずか、カエデは目を輝かせながらマガンを見る。

「その反応…やっぱり、マガンさんは『転生者』なんですね!」
「『転生者』?」
「はい!マガンさんみたいに違う世界から来た人達を私達はそう呼んでいるんです!」
「へえー…ん?じゃあ、俺以外にもいるのか?『転生者』?」
「はい。確か…ニシカシの国に一人。確かマヒロって名前でした」
「カリンが言ってた人か」

そんなことを言いながらマガンは再びスープを口に運ぶ。

(名前的に日本人っぽいな)

もっと情報が欲しいなとマガンが考えていると、カリンがマガンに言いよる。

「ねぇ、お兄さんのことを教えてよ!」

カリンの期待するような眼差しに渋々マガンは自分のこと話し始めた。













「天災殺しの異世界無双」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 鳳 鷹弥

    初めまして。
    途中までですが読ませて頂きました。

    主人公の適応力は異常ですね。主人公よりこちらが驚きましたw
    あと 座美丸 好きだった漫画のキャラがそんなの持ってたなーって笑いましたw
    この後引き続き読ませて頂きます!

    良かったら私の作品もヨロシクです。
    お互い頑張りましょう。

    0
コメントを書く