話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

天災殺しの異世界無双

マシュまろ

第19話 今後の宿

*「あれ?私…」
「お姉ちゃん!」

アザが消え、顔色が戻ったカエデに嬉しそうにカリンが飛びつく。

「よがったよ〜!ほんどうによがっだ〜!」
「ごめんね。心配かけちゃって。もう大丈夫だからね」

そう言いながら、自分に泣きながら抱きつく妹の頭を撫でながらカエデは自分達を見る鎧を着た男を見る。

「あの、貴方は…?」
「え?ああ、俺は」
「このお兄さんはマガンっていう人でね、お姉ちゃんの病気を治すのを助けてくれた人だよ!」
「私の病気を?」

そう言うとカエデはベットから体を起こしマガンに頭を下げる。

「このたびは私を助けていただき、ありがとうございます。私はこの『コムギ亭』の主人をしていますカエデと申します」

そう言って頭を上げながら微笑む少女の美しさにマガンは息を飲む。カエデはカリンの大人版という感じの見た目だった。年齢もマガンと同じくらいだろう。だが、マガンはカエデからカリンにはない美しさを感じた。

(綺麗な人だな…)

マガンがそんな風にカエデを見ていると、カエデは不思議そうにマガンを見つめた。

「あの、私に何か?」
「え?いや、何もないですよ。綺麗な人だなって思って」
「まぁ、ありがとうございます」

そんなマガンとカエデの会話を聞いていたカリンは頰を膨らませて、今度はマガンに抱きつく。

「お兄さん。今、お姉ちゃん見て鼻の下伸ばしてた!」
「いや、伸ばしてないよ」
「本当?」
「ホントだって!鼻の下なんか伸ばして無いから!」

そんなカリンとマガンのやり取りをカエデは楽しそうに見るのだった。

*カエデの病気を治したマガンは二人に話があるので待っていてほしいと言われ店の席に座りカリンがだしてくれたお茶を飲みながら二人が来るのを待っていた。しばらくすると部屋からカエデとカリンが出て来てマガンの正面に座った。

「マガンさんあらためて今回は本当にありがとうございます」
「お兄さん本当にありがとう!」

そう言う二人にマガンは返事を返す。

「いや、気にしないでくれ。俺もなり行きでこうしたんだからさ。それで?話したいことって?」
「はい。実は何かお礼がしたいのですがお金は私たちより貴方の方が持っていらっしゃるようなので、何かそれ以外でお返しできないかと思い…」
「なるほど。それで俺を」

申し訳ありませんと謝るカエデを前にマガンは困った顔をした。

(う〜ん、どうしよう。別になんかお礼が欲しくてしたわけじゃないし。でも、せっかくの好意を無駄にするのもなぁ…)

そんな事を思いながらマガンは辺りを見渡していた。そして、ふと窓を見ると外はもう夕方であった。

(あ、そうだ!)

何か閃いたマガンはカエデの方を向いた。

「じゃあ、今日泊まる部屋ってあります?」
「部屋ですか?ありますが…それが何か?」
「実は俺、しばらく泊まる宿が無くて困ってて。だからしばらく泊まらせてくれないか?」
「構いませんがそれでよろしいのですか?」
「はい。ぜひそれで」

そう言いながらマガンはしばらくの宿が見つかりホッとするのだった。







「天災殺しの異世界無双」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く