話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

天災殺しの異世界無双

マシュまろ

第14話 まさかの値段1

*「確かに100ルアお預かりしました。それでは万能薬エリクサーの包みを持ってきますので少々お待ちください」

マガンから万能薬エリクサーの代金を受け取った店員は万能薬エリクサーの瓶を持って店の奥に消えていった。

「お兄さん。本当にありがとう。ごめんね。高かったでしょう?」

そう言われ視線を下にすると、カリンがマガンを申し訳なさそうに見上げていた。そんなカリンの頭を撫でながらマガンは優しく微笑む。

「大丈夫。気にしてないよ。それより、ちょっとだけ俺の用事に付き合ってくれるかな」
「う、うん」

マガンはそう言って頭を撫でられて頰を赤らめたカリンからカウンターの縁に置いてあった小さな張り紙に視線を変える。

(『水薬ポーション鑑定承ります!』か…。それなら丁度いい)

マガンが張り紙を見ていると万能薬エリクサーの包みを持った店員が店の奥から出てきた。

「おまたせいたしました。万能薬エリクサーです」
「ありがとうございます。それと、この水薬ポーションの鑑定って出来ますか?」

そう言ってマガンは魔法収納から自分が持っていた金色の万能薬エリクサーを取り出して店員に渡す。

「はい。可能でございます。水薬ポーションひとつにつき20マリスになります」
「わかりました。じゃあお願いします」

そう言いながらマガンは店員に銅貨を渡す。

「はい。ありがとうございます。それでは少々お待ちください」

マガンから受け取った水薬ポーションを持って店の奥に再び消えていく店員を見てからカリンはマガンを見る。

「お兄さん。あの水薬ポーション何?」
「俺の前いた国から持ってきた水薬ポーションだよ」

そう言いながら、マガンはカリンの頭を再び撫でる。撫でられたカリンの反応を楽しみながら鑑定の結果を待っていると、さっきの店員が慌てて戻ってきた。だが、さっきの落ち着いた様子とは一転して何か興奮した様子だった。

「お、お客様!あの水薬ポーションをどこで手に入れたのですか!?」
(あー…やっぱりこうなるか…)

マガンは自分が持っていた万能薬エリクサーを鑑定に出したあたりから薄々そんな予感がしていた。まさか当たるとは思わなかったが。そんな事を考えていると店員に是非話を聞かせてほしい。と言われ仕方なくカリンに許可を取り渋々店の奥に案内されるのだった。

















「天災殺しの異世界無双」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く