永遠の彷徨い

ノベルバユーザー335998

イタミ


血が付いたナイフ

血まみれのウサギ

返り血を浴びた一人の少女が鏡に映る



「!っ」
勢いよくワタシは目覚めた。
さっき見た夢はいったい、、。

速く脈を打つ心臓。
なんともいえない恐怖。


どうしても頭から離れない
鏡に映る少女の微笑み。


あれは、ただの夢だ。
そんな事あるはずが無い。

強く自分に言い聞かせてまた眠ろうとするが
焦燥感が邪魔をする。


「違うの⋯⋯」
何かに訴えるように、或いは自分に言い聞かせるかのようにワタシは一人呟いた。

「永遠の彷徨い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「童話」の人気作品

コメント

コメントを書く