永遠の彷徨い

ノベルバユーザー335998

キモチ


「何も無いけど静かで良い場所だね」

独り言のようにぬいぐるみに話しかける。

このウサギのぬいぐるみの事も勿論記憶にはない。
だけど何故か自分にとって特別な存在のように感じる。

「ずっと歩いてたから眠くなってきちゃった」
またワタシはぬいぐるみに話しかける。
勿論返事などない。

だけどワタシはぬいぐるみを抱きしめたまま横になって目を閉じた。



色んな事を考えながら。

「永遠の彷徨い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「童話」の人気作品

コメント

コメントを書く