シュプレヒコール

めんぼー

9 現実逃避

この世界なんていっそなくなれば良いのに。


そう思うことが時々ある。




それがまさに今。



まさかインフルにかかるとは…

「母さんいねえしなぁ…」
そう呟いて時計に目をやる、まだ10時か。

その時、玄関チャイムが鳴った。それと同時に扉が開く。誰かと思い無理やり体を起こす。

「俊?大丈夫?」

咲良の声だ。

足早に階段を上がってくる音が聞こえる。

勢いよく扉が開く。

「大丈夫?」

「あぁ大丈夫だよ」

「はぁ〜よかった〜」

「心配してくれたのか?」

「あったりまえじゃん。そりゃ好…ゲホンゲホン…い、インフルエンザになったなんてびっくりだよ」

「ごめん…」

「逆転狙う俊はインフルエンザ 政治家上田はインフルエンサー 私は急いでイキギレジャネーカ」

「ボケるな!あと地味にラップ上手いな!」

「スポドリ買ってきたよ」

「ありがとう、咲良」

「良いよ良いよ、私はいつもお世話になってるし」

そのあと2人で雑談をした。




久しぶりに平和を感じる瞬間でもあった。











だがこの後とんでもない事態が起こるとは誰も予想しなかった。

「シュプレヒコール」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く