シュプレヒコール

めんぼー

5 苦しさの上に

テレビは今年初の猛暑日ということをしきりに伝えていた。

…顔合わせ?というのだろうか?この日がやってきた。

この2週間ほど、沢山の悲しみを抱えた人達とあって、その人達と復讐を誓った。
今日、僕を合わせて4人が顔合わせをする事になった。

そんなことを考えていると携帯が震えた。ホーム画面を見ると咲良からだった。


「私の友達も連れてくるけど良いかな?」

少し驚いたが冷静に返信した。

「どんな子なんだ?」

「去年、両親を上田に殺されたの。それからいつか復讐しようと、考えていたことを私とよく話していた。」

「そうか、連れてきて良いよ」

「ありがとう」

そこまでにして返信はしなかった。



3時間ほど経った。集合時間まで間もない。そう思い家を出た。

集合場所は啓介の家。理由はわかりやすくて部屋が広いからと啓介自身が提案した。

啓介の家には一番に着いた。それから数分後、浩介がやってきた。


「うっす、お邪魔します〜」

「あれ?中嶋先輩?」

「あれ?片桐じゃんか?」

「え?2人知り合い?」

「中学の時のサッカー部の後輩」

「そうか…まぁともかくよかったわ説明の手間が省けた気がする」

浩介が口を開いたと同時に、玄関のチャイムの音が鳴りその声は掻き消された。


「…っ…こんにちわ〜」

咲良のぎこちない声が聞こえてきた

階段を上がってくる音がして部屋に入ってきた。

浩介は咲良を見てボソッと言った。

「…可愛い…」


「…ッ!」(浩介!心の声漏れてる!)

僕は心の中でそう叫んだ。

幸い咲良には聞こえていないようだ。

咲良の後ろには連れてくると言っていた友達もいた。



少し大きめのちゃぶ台を真ん中にして5人が向かい合った。


「皆さん、本日はお集まりいただきありがとうございます。」

「ぷッ!」

「笑うな!浩介!」

「いやっ…だって…ぷくく」

「まぁあいつは置いといて、自己紹介しますか。」

僕、浩介、啓介、咲良の順番で自己紹介が終わった。

そして咲良の友達が自己紹介をした。

「どうも群青亜紀と言います。」


群青亜紀ぐんじょう あき

19歳で医療学校に通っている。

「宜しくお願い致します。」



「では本題に移りますか…」


みんなが唾を飲み込んだ。
空気が少し重くなったような気がした。


「シュプレヒコール」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く