シュプレヒコール

めんぼー

4 形見の時計


『とーちゃん!その時計カッコいい!』

『俊!じゃあお前が偉くなったらこの時計をやろうじゃねえか!』

『やったー!僕頑張って偉くなる!』

『お前なら世界をーーーーーー






ジリリリリリリ

目覚まし時計が鳴った。


またこの夢を見た。

父さんがまだ生きていた頃の夢

父さんが死んじまった時、殺された場所にあった腕時計を僕は形見離さず持っている。

その時計にはローマ字で[Yukio]と父さんの名前が書いてある。

この時計を見るたびに父さんを思い出す 。


「…あれ?」

腕時計の秒針が止まっている。
部屋の時計を見ると腕時計と5時間もズレている。

次の日、近くの時計屋に修理に出しに行った。


「初めて来たな…」

家から5分程の距離だが初めて来た。
名前は[片桐時計店]と看板がある。

昔ながらのの風貌をしている。横開きの戸を開いた。唾を飲み込み。

「…どうも!」

カウンターのおくの暖簾がめくれて、白髪混じりの髪をしたおじさん?が出てきた。

「いらっしゃい!…む ︎あんた幸雄んとこの息子かい?」

どうやら僕を知っているようだ。

「そうですけど、父とは何か?」

「中学、高校と一緒でな。よく遊ぶ仲だったんだよ。」

「そうだったんですか!」

「お父さん…残念だったな…」

「はい…」

思わず言葉が詰まる。だがすぐに話し始める。

「僕が父さんの仇を討ちます!」

「そうか…それならうちの息子も仲間に入れてやれ…あいつも友達を亡くしてな…親子共々殺されたようだ…」

「そうですか…今会う事できますか?」

「部活なんだ。そのうち帰ってくるよ…
うちへの用は幸雄の時計だろ。直してやるよ。」

「ありがとうございます。」

腕時計を渡して店の中にある小さめのソファに座った。」



時計の分針が3周ほとした頃だろうか。戸が開いて、髪が少し短めのジャージの青年が入ってきた。

「ただいま、親父?」

暖簾の奥から声がした

「啓介!そこの男から話があるぞ!」

「は?え?あ!」

今僕に気づいたようだ。僕から話し始めた。

「どうも東堂俊と言います。ちょっといいかな?…」

「あぁ…どうも片桐啓介かたぎり けいすけです…なんスカ?」

僕は核心から切り出した。

「僕の父さんは政府の人間に殺された、その仇を討つために君も協力してくれないか?」

彼は戸惑いを見せたが、すぐに意味を理解したようだ。

「俺も友達が殺されて…いいっスよ…俺にも協力させてください!」

「僕の他に2人協力してくれる人がいる。いずれ顔合わせをしよう。」

「はい、わかりました。」

「あぁ、あと敬語とか他人行儀だし名前呼びでタメでいいよ」

「わかった。よろしく俊!」

「こちらこそ。啓介」

話も片付いたところでお父さんが出てきた。

「俊くん、時計治ったよ。」

「ありがとうございます。」

「じゃ、俊またな。連絡しろよ」

「わかってるよ」

僕は店を出て家に帰った。


そろそろ人数も増えてきた。ミーティングでもするか…

その日のうちに3人に予定を確認した。
結果次の週の日曜日に集まる事になった。



この先、この復讐はどうなるかわからない。だが確実に近づいていると思う。

そう考えながらベッドに入った。

その日はいつになく眠れた。

「シュプレヒコール」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く