シュプレヒコール

めんぼー

3 友情

まぶたの外から赤い光が射し込んだ。
ゆっくりと目を開ける。

蒸し蒸しした感じがして、少し厚めの掛け布団をどけて上半身を起こした。

携帯を開くと3件の通知が来ていた。

「浩介か…」

    中嶋浩介なかじま こうすけ    中学時代からの友人で中学、高校、大学と同じところに通っている。
普段滅多に携帯で連絡をしてこないあいつがどうしたと言うのだろう?

少し戸惑いながらもトーク画面を開く。

「聞いてくれ」

「母さんが死んだ。殺された」

「あいつらに」

"あいつら"  その言葉に胸が痛む。

また人が死んだ。殺された。

浩介の母は人気のブロガーで、半年ほど前から、政府に対する批判を含めた文を投稿していた。

殺されてしまうと知っていても、反論するものは絶えない。それが今、我々のできる最大限の攻防だからだ。

明後日の夜まで用事があって忙しく、会う事ができなそうだ。

「明後日行くから、待ってろよ。」

そう連絡した。




3日後

その日の講義が終わり、急いで浩介の家に向かった。

家に着くと中に明かりが見える。
鍵は空いていた。

静かにドアを開けて小声でお邪魔しますと言って、2階の浩介の部屋に向かった。

静かにノックをした。

ギギギとドアが開く。そこには目の下が赤くなり少し痩せている浩介が立っていた。

その瞬間、浩介は僕に抱きついてきた。
肩を大きく震わせ膝から崩れ落ちる。

僕は浩介の頭をゆっくりと撫でた。




「俊…あのさ…」


あれからどれくらいの時間が経っただろう?気づけば2人で床に寝そべっていた。

「お前…なんか準備…してるとか…言ってたよな…」

「あぁ…いつかこの世界をひっくり返すんだ。」


浩介は少し間をとって話し始めた。


「俺にも…協力させてくれ!」

「俺は!こんな…世界に負けない!」

「浩介……あぁ!もちろんだ!」

「これで3人だな。」

「え?俊?もう1人誰だよ?」

「あ、なんか掲示板で知り合った。」

「どんなヤツ?」

「同い年の女」

「マジ?会った?可愛かった?」

「…まぁ…それなりに?」

「ひゅー!お熱いことで!」

「そんなんじゃねえ!」

「俊…時間。」

「あ。」


時計を見ると12時を回っていた。


「やべ!僕帰るわ!」

「うん…じゃーな!また計画立てようぜ!」

「おうよ」

急ぎ足で浩介の家を後にした。


空を見るといつになく星が綺麗だった。

「シュプレヒコール」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

  • 鳥居 幸(torico)

    更新を楽しみにしたいと思います。

    2
コメントを書く