シュプレヒコール

めんぼー

2 出会い

待ち合わせ場所はベタなハチ公前だ。
腕時計と正面を交互に見ていた。少し緊張している。

肩を叩かれた。振り返るとちょうど僕の肩くらいの身長の女の子が立っていた。

「あ…えっと…T.syunさんです…か?」

「あ、はいそうっすけど…えっとSAKURAさんかな?」

彼女は急に顔を明るくした。

「はい!はじめまして!」

「初めまして。東堂俊と申します」

葛西咲良かさい さくらと申します!」

僕はとりあえず場所を変えようと言い歩き出した。


あまり客がいない静かなカフェを選んだ。

そこで話をした。

葛西咲良かさい さくら    19歳で医療系の大学に通っていて、趣味は音楽を聴くこと。

話も弾んだところで所で僕は父さんの話をした。

すると彼女は深刻な顔になってこう言った

「私もなんです。私も兄が異論を唱えたんですけど、家にヤクザが押し寄せてきたり架空請求されたりして自殺してしまったんです。」

彼女は言葉を詰まらせ吐き出すようにこう言った。

「兄は…殺されたようなもんですよ…」

胸が痛くなった。今まで僕だけが味わっていると思っていた苦しみを感じている人が他にもいることを知ってより上田への反逆心が増えて言った。

「そろそろ出るか…」

僕は会計を済ませて2人で店を出た。

少し歩いてから彼女は口を開いた

「あの…これから…この世界を…変えられますかね?」

俺は叫ぶようにこう言った

「変えなきゃいけない…いや…変えるんだ!」

「そうですよね…あの…また話をしたいので連絡先を教えてください。」

LINEを交換しあった後に僕はこう言った

「同い年だし、タメ口で良いよ、あと"東堂さん"って変だし"俊"って下の名前で呼んでよ。」

「わかった。だったら私のことも咲良って呼んでよ。」

「うん。」

渋谷駅で別れ、その日は家に帰った。

家に帰って戸棚にあったカップ麺を食べて
お風呂に入り早めに寝た。

僕が布団に入った時、携帯が3回震えたことに気付かなかった。



「シュプレヒコール」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く