シュプレヒコール

めんぼー

1 始まりの鐘

2055年。時の総理大臣、上田誠司うえだせいじは新しい改革を考案した

改革の名は「儒国改革」
儒学を参考とし、上下関係を重んじ、上の者に対する反論、反抗を禁ず独裁的な改革だ。
これにはもちろん他の政治家、議会も反抗した。しかし大きな武力を持つ国と繋がっていた上田は武力で反論するものを制し、より国民に恐怖心を与えた。
そして翌年の2056年ついに改革を断行した。


これから書かれる物語はそんな理不尽な世界に     勇敢に立ち向かった人間たちの物語だ。







僕の名前は 東堂 俊とうどう しゅん

東京の都心から少し離れた日野市という街に住んでいる。19歳で大学に通っている。
3年前父さんはその年に施行された改革、
通称「儒国改革」に反論し、政府に従う者によって暗殺された。あまりにも酷い死であった。

父さんの死を絶対に無駄にしない。心に誓い、
毎日身体を鍛え、武器も揃えていた。

ある時何気なく掲示板を覗いていたら、ある投稿を見つけた。内容は

「私は今の改革に不満を持っています。同志を集め反論をしたいと思います。協力してください。」

僕はすぐにそのアカウントに連絡をした。

その日から3日後会うことになった。


この瞬間がこれから始まる壮大な正義と愛の闘いの始まりの鐘だった。

「シュプレヒコール」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

  • はぐれ

    設定が凝ってる…続きが気になる!

    2
コメントを書く