話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

豆腐メンタル! 無敵さん

仁野久洋

空手七谷人身御供①

 登校前の一波乱で、俺の心は疲弊していた。それはそうだろう。見るからに怖そうな男に、モデルガンだったとはいえ拳銃を突きつけられたりしたのだから。本物だと思い込んだ時点でその銃は俺にとって本物だ。マジで命のやりとりをしたのだから、疲れないはずがない。


「ま、でも、あいつの素性も知れたしな。無用な心配が一つ減ったとも言える。得たものもあるんだから、とりあえずは良しとしとくか」


 自分に言い聞かせるように呟くと、少し足取りが軽くなった。
 今日から、本格的に授業が始まる。この高校のレベルは高い。油断すれば、すぐについて行けなくなるだろう。勉強する時間の確保は必須。おかしなことに拘らう暇は無い。やたらと厄介事に巻き込まれているが、一つずつ消化していけば、そのうちに平穏な生活が送れるようになるはずだ。


「そうだ。”夢”のためにも、頑張らなくちゃ、な」


 校門まではすぐそこだ。満開を過ぎた桜の花びらたちが、ピンクに染めたアスファルトを踏みしめる。忘れないようにしよう、この優しく暖かな空気を。ここが夢への第一歩。迷ったり挫けそうになったときは、このピンクの道を思い出すんだ。俺の夢へと続く道は、おそらく、途轍もなく長く険しいものになるのだから……。


「おっはよー、オトっちゃーん。なーに険しい顔して歩いてんのー?」
「ぶへぁっ!」


 後ろから、いきなり頭をはたかれた。完全に油断していた俺は、かなり恥ずかしい声を出してしまった。「ぐぬっ」と唸って振り返れば、「よっ」と手を上げた七谷が、ニッコニコに微笑んでいた。文句を言おうと思っていたのに、毒気を抜かれる。美少女ってホント卑怯。……美少女? 俺は本日の七谷の姿に、自分の目を疑った。


「……おい、七谷」
「なーに、オトっちゃん? 変な顔ー」
「お前に俺の顔の事なんか言われたくないんだが」
「えー? なにそれ、どういう意味ー?」
「分からないか?」
「分かんない」
「本当に?」
「うん、本当に」
「マジか……。お前、もう顔がどーとかいうレベルじゃないんだけど、本当に気付いてないの?」
「もー。面倒くさい言い回しだなー、オトっちゃんてば。言いたいことがあるなら、もっとハッキリ言ってくれていいんだよー?」
「……そうか。じゃあ、言わせてもらうけど……」


 とは言ってみたものの、俺はまだ逡巡していた。
 正直、女子の、それも容姿について意見するなど、俺にとっては有り得ないことなんだ。だが。だがしかし、周りの視線も気になるし、これはさすがに言うべきだろう。校門のとこに一人、ジャージ姿の先生だって立ってたのに、なんで何も言わなかった? 今の七谷を見て、どうしてスルー出来たんだ? おかげで……、おかげで、俺が言わなくちゃならないじゃないかよぉ!
 いや、確かにね。確かに、この高校って服装にユルいみたいなんだけど。ブレザーだけ羽織って、下はジーンズとかスエットだったりするやつも、上級生には結構いるんだけれども。でもな。さすがにさ。さすがに、七谷の”コレ”は無いんじゃない? 


「……お前の頭、どうなってんの?」


 意を決し、俺は七谷にそう尋ねた。


「頭? あ、気づいた? えっへっへー、可愛いでしょ? これ、クマさんなんだよー」


 頭にクマが乗っかってんのに、気付かないやつがいるのなら見てみたいわ。という突っ込みは、とりあえず心の中だけにしとくとして。


「あ、うん。クマさんだってことは分かるんだけど、俺が言いたいのは、そういうことじゃなくてだな……」


 頭いてぇ。こいつ、なんでこんなに得意げになっちゃってんの? 嘘だろ。ホント有り得ない。もうどう言っていいのか分かんない。


「うお。すっげぇな、あの新入生」
「アホだ。アホの子がいるぞ」
「うわー。あの子、顔は可愛いしスタイルもいいのに、頭が残念。中も外も」


 登校してきた無数の生徒たちが、七谷をチラ見しながら囁いているのは、概ね俺と同じ感想だった。七谷がいいやつだってのは分かってきたけど、こればっかりは庇えない。恩人である七谷を馬鹿にされているのだから、本来ならば怒るべきところなんだが……。無理無理無理。俺の意見も観衆の皆様と100パー同じなんだから。
 なにしろ七谷の頭には、結構でかいクマのぬいぐるみが乗っかっているのだ。なんつーのか知らないが、これも”盛り”の一種なのだろうか? でも、そういうのって、あくまでも自分の髪で作り上げるもんじゃないの? こんなもんまで盛っていいなら、もうなんでもアリじゃんか。


「これねー、こうしてのぺって乗っかる感じが可愛いんだよー。一応髪留めなんだけど、面白いと思わない? 菜々美、凄く気に入ってるんだよー。ちょっと重いのが難点だけど。えっへっへ」


 七谷は頭の上のクマをぽんぽんと叩くと、前髪を留めるピンに手をやった。金色の三ツ星が象られた、少し子供っぽい、いや、安っぽいデザインのヘアピンだ。今の七谷の全体イメージからは、それだけが浮いているようだけど……? まぁ、周りの人間から浮きまくっていることに比べれば、こんなの些事だ。そう思い、俺は星のヘアピンのことなどすぐに忘れた。本当は、もっと気にするべきだったのだが。


「……そうか……。気に、入っちゃってるんだ……」


 もう何も言う気にはなれなかった。七谷には、周りの嘲笑など耳に入らないようだ。いや、もしかしたら聞こえているのかも知れない。だってこいつ、前に会った時だって、全身アニマル柄パーカーを着込んだヤンキーだったから。そう言えば、フードから覗いてたこいつの目、かなり怖かったなぁ。あれだって、自分的には好きで着ていたはずだもんな。他人の目とか関係なく、好きな服を楽しんできたんだろ。
 待てよ。でもこいつ、昨日阿久戸に格好のこと言われて恥ずかしがっていたけれど? 昨日のは恥ずかしくて、今日のは恥ずかしくないってことなの? ダメだ。こいつ、俺には全く理解出来ない。……ま、いっか。理解なんかする必要は無いし、こいつに限らず、他人を完全に理解するなんて出来っこないんだ。


「何ぶつぶつ言ってんの、オトっちゃん? さ、教室まで、一緒に行こっ」
「あ、ああ。って、おい。腕を組むな。やめろって。目立つし、誤解されるだろぉ!」


 こうして俺は、無数の痛い視線に晒されながら、七谷に教室まで連行されることになった。今日も朝から俺の学園生活は濃密だ。これがエントリープラグの中であったなら、もう間違いなく気絶してる。誰がLCL濃度上げてんだ? ゲンドウでもいるの、ここって?

「豆腐メンタル! 無敵さん」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く