話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

豆腐メンタル! 無敵さん

仁野久洋

薬袋水無人傍若無人⑤

「誰だっ!」


 薬袋と呼ばれたイケメンが振り返る。そこには。


「ゆりは、呆れてしまったのです。あなたの仕事は、無敵さんを連れ戻し、復帰させることのはずなのに。……ね、そうでしょ、水無人にぃ? いえ、薬袋マネージャー」
「マネージャー、だって?」
閖上ゆりあげ由理花ゆりか……!」


 薬袋の整った面立ちが引きつった。こんな傍若無人な男が、あんな小さな女の子を警戒しているのか? いや、これは警戒というよりは……。
 マンションのエントランスで朝日を背にし、ひらひらとフリルをなびかせている少女に、俺の目は奪われていた。いつかのにゃんこを抱きしめて、毅然と薬袋を見据えるのは、間違いなく閖上由理花だ。愛称、ゆりゆり。天才人気子役として名を馳せる、まだ小さな女の子だった。


「水無人にぃは、事務所の現状をきちんと理解してるのです? しゃちょーがどれほど無敵さんの復帰を望んでいるのか、知らないわけないのです。今はゆりが頑張って、たまたまなんとかなっているだけなのです。なのに、水無人にぃはっ……」
「……うるっせぇな。分かってんよ、そんなこたぁ」


 薬袋は顔を逸らして小さな声でそう言った。ゆりゆりと目も合わせられないのか? こんなに偉そうなヤツが? 今の一瞬でこの二人の間に上下関係があるらしいことは俺にも分かった。しかも、どちらかというと……、ゆりゆりの方が優勢だ。年下であるゆりゆりが対等に話している事実に、俺はそう推察した。


「ふぅ。水無人にぃにも、やっと会えたので伝えておくのです。来期の夜ドラ枠で、ゆりゆりが主役を演じることになったのです。タイトルは〈少女探偵セリカR〉……」
「なにぃっ? そりゃあ本当か、由理花?」


 切れ長の薬袋の目が、更に鋭くなってゆりゆりを射抜いた。だが、ゆりゆりはそれを真っ向から受け止めて動じない。凄い少女だ。横で見ているだけの俺でも、こんなに睨まれたら相当な恐怖を感じるんだ。この薬袋ってヤツもそうだけど……、ゆりゆりも、その年にしてすでにかなりの修羅場を潜ってきているに違いない。そうでなければ、こんな空気は生まれない。この、相手を圧死させるかのような空気は。


「嘘をついて何になるっていうのです? 水無人にぃがこんなことを聞いたなら、ますます帰ってこなくなるだけなのに」


 かなりきつい嫌味だったんだろう。薬袋は「う」と呻いて項垂れた。そこで俺はふと気付く。こんなの、もう俺には関係無い話じゃね? 携帯で時間を確認すると、もう結構経っている。これ以上こいつらに時間を割いては遅刻する。そろそろご無礼しなくては。そういや昔、クラスのみんなと行ったカラオケで「俺、そろそろご無礼するわ」って言ったら「オッサンか」って爆笑されたな。今ではいい思い出だが、もう絶対に口には出さない。心の中では言っちゃうけど。
 さて。どうやって逃げようか。エントランスの自動ドア前にはゆりゆりが仁王立ち。中からだけ開く非常口もあるけれど、薬袋の向こう側の壁にある。そもそもこんなに小さなホールだし、そっと抜けるってのは不可能だ。じゃあ。


「あ、あのさ。話の途中で悪いけど、俺、そろそろ学校に行かないと遅刻しちまうんだよな。いや、ホント悪い」


 俺はごめんごめんと手を切って、二人の間を割って出た。この仕草もオッサンくさいって笑われたことがあるけど、このシリアスな空気を切り裂くにはちょうどいい。このまま強行突破する。


「待って、於菟兄様」
「うぇ?」


 作戦は失敗した。俺の制服の袖がきゅっとゆりゆりにつままれてしまったからだ。その仕草の可愛さに、つい足を止めちゃう俺を殴りたい。


「俺の名前、覚えてたの?」


 これが嬉しかったってこともある。ニヤついているのが自分でも分かるくらい。もう、本当にどうしようもない男だ。ちょっと今をときめく芸能人に名前を覚えられたからって、こんなにうきうきするとはな。俺もミーハーなところがあるようだ。新発見です、姉さん。姉さんなんかいないけど。


「もちろんなのです。昨日も、メールをくれたのです。どうでした? ゆりゆりのメール、お友達は喜んでくれたのです?」
「あ。ああ、もちろん、大喜びしていたよ。もう、泣いちゃうくらいに喜んでた」


 そうだった。昨日のクラス委員号令事件で、俺はゆりゆりにメールする権利を抽選で一名様に与えていた。保健室であんな事があった後だから、めちゃくちゃ気乗りはしなかったけど、約束なので仕方がない。俺のスマホはまだ返してもらっていなかったので、権利を得た子の携帯を使い、メールで事情を説明したら、俺の住所を教える代わりに了承してくれたのだ。個人情報を要求するとは危ない子だ。俺の住所の情報を何に使うつもりだろうとか不安にはなったのだが、しょせん相手は小学生。大したことはあるまいとタカをくくってその条件を飲んだのだ。
 ただ、メールする権利を得たのがよりにもよって黒野だったというのが、いかにもまずくて……。ティッシュを細巻きにして作った棒の一本だけ、先っちょが赤いマジックで塗られたものを皆に引いてもらうという、シンプルなくじ引きをしたにも関わらず「なにそれ? 無敵さん係って、そういう不正とかもやっちゃうんだ」なんて大騒ぎ。黒野は黒野で皆が羨ましがっているのを分かった上で「ゆりゆりになど興味は無いので適当な質問でもしておくか。えー、と。靴はどちらの足から履きますか? と。ふははは。すげぇどうでもいいな。ふはははは」なんて、火に油を注ぐようなこと言ってくれるし。黒野め、人の神経を逆撫でするのが好きらしい。悪意がある分、無敵さんよりタチが悪い。まぁ、従って、大喜びしていたなんて嘘もいいとこなんだが……。え? 待てよ? て、ことは?


「それは良かったのです。ゆりゆりも嬉しいのです。おかげで、於菟兄様のおうちを訪ねて来たつもりが、水無人にぃだけじゃなく、無敵さんの居場所まで突き止められて。ゆりゆりは万々歳って感じなのです」
「あんだと? 由理花にこの場所が割れたのぁ、てめぇのせいだったのかよ!」


 また胸ぐらを掴まれた。せっかく直してくれたけど、俺のブレザー、またくしゃくしゃになりました。本当にどうもありがとうございます。


「は? あ、い? そ、そういうことになるのかな?」


 ゆりゆりからは満面の笑顔(可愛い)、薬袋からは怒気満々(鬼怖い)に睨まれて、俺はもう苦笑いするしかなかった。なんだこれ? こんな偶然って有り得るの? なんかおかしな運命の歯車に組み込まれているような気がして仕方がないけど。神様って俺に何をさせたいの?
 あと、ゆりゆり。どうして俺なんかを訪ねて来るんだ? 俺に惚れた? いや、ないだろ。ゆりゆりだって、小さいとはいえ芸能人だ。魅力あふれる芸能人に、毎日接しているはずだ。そんな人たちに比べたら、俺なんて所詮は一般人。年の差だってありすぎる。以上の理由から、このセンは絶対に無い。断言。


「怒りたいのはゆりゆりの方なのですよ、水無人にぃ。その手を離してください、なのです」
「ちっ」


 ゆりゆりにぴしゃりと言われ、薬袋は素直に手を離した。薬袋はゆりゆりにかなりの負い目があるようだ。で、なければ、こんなに従うようなヤツとは思えない。同時に義理堅いヤツだとも考えられた。多分、悪い奴ではないんだろう。







「豆腐メンタル! 無敵さん」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く