話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

豆腐メンタル! 無敵さん

仁野久洋

阿久戸志連宣戦布告⑥

 ぱん、ぱん。


「宗像?」

 そんな静寂を破ったのは、宗像の手を叩く音だった。


「……なるほどな。それなら号令に従うことにも納得出来る。日本が“特殊”? いいじゃあないか、それでも。外からはどう映ろうとも、“奇跡”を起こせる特殊ならッ!」


 宗像がにやりと笑んだ。気障ったらしくウィンクまでした宗像だが、嫌味は微塵も感じない。


「宗像、くん」


 無敵さんが微笑みかける。嬉しそうに。満足そうに。


「ふっ。本当は撤廃論を用意していたんだが……。まぁ、それはまた今度披露することにしとこうか」


 宗像が、ゆっくりと立ち上がる。”賛成”を示すべく、立ち上がる。爽やかに、負け惜しみを言いながら。お前、本当に反論を思い付いていたのかよ? どうも怪しい気がするけど。ま、いいか。これで、ひとまず落着だ!
 見渡せば、クラスの全員が立っていた。照れ隠しか、枝毛を気にする振りをして立っている女子もいる。


「良かったね、オトっちゃん」


 七谷も笑っている。俺に笑いかけている。


「ああ」


 と、返事しようとして振り返った瞬間、俺の視界の端を、阿久戸志連が横切った。


「……っ!」


 阿久戸は。阿久戸だけは、立っていなかった!
 阿久戸は、俺を鬼かと見紛うような形相で睨んでいた。俺は思わず息を飲む。ぞわっと全身の毛穴が開いていた。


「どうした、ホズミ?」
「後藤田。……いや、別に……」


 ここまで一切役に立たなかった後藤田のお陰で我に返る。それにしても、本当に役立たずだったなぁ、お前。こいつ、結局ただのホモ×妹ラブキャラだったのか。今後も活躍しそうにないな。俺は後藤田をそう見切り、無敵さんを労おうとして声をかけた。あと、お礼も言わなくちゃ、だよな。


「やったな。お疲れ様、無敵さん」


 ぽん、と肩に手を置いた。そっとだ。いやらしい気持ちなんてないぞ。なのに。


「は、はいー……」
「む、無敵さん?」


 無敵さんは、ふわー、と横に傾いた。そのまま。


「無敵さんっ!」


 だん、と派手な音を立て、教室の床に倒れていった。


「どうした、無敵さん!」


 膝を付き、急いで無敵さんを抱き起す。


「熱い……? お前、凄い熱じゃないか!」


 すぐに伝わったのは、無敵さんの異常に高い体温だった。無敵さんの「はぁ、はぁ」という苦しげな息遣いが、俺の胸を締め付けた。お前……。こんな状態で、あれだけの話を……?
 そうか。こんな、まだ肌寒いくらいの季節の朝に、頭からあれだけの水をかぶったからだ。でも、俺は別になんともない。俺って馬鹿なの?
 違うな。そういえばこいつ、昨日も湯上がりにバスタオル一枚で外にまで出て来ていた。風邪をひく下地は、すでにあったってことだ!


「ホ、ホズミ、くん……?」
「ああ、俺だ。ここにいる」


 そう返事をした俺の目の前で、無敵さんが、目を。
 見開いた!


「まずい! 隠せ、ホズミ!」
「あ? お、おう!」


 刹那、鋭く飛んだ黒野の指示で、俺はとっさに無敵さんの目を手で隠した。すると。


「あー! なにやってんだよ、ホズミ!」
「ひどい! 無敵さんを死んだことにしたいの、アンタはぁっ!」
「へ? え? あ!」


 無敵さんを心配して集まったクラス中から、俺は非難轟々の集中砲火を受けていた。ホントだ! これ、死人に「安らかに眠れ」ってやるときの動作だぁ!


「またやってしまったな、ホズミ。ぷーくすくす」
「黒野ぉ! てめ、何がしたいんだぁ!」


 俺はもう涙目だ。こんなに見事にはめられて、悔しくないはずないわけない。もう何言ってるのかも分からない。
 もういい。ミカサの言うように、この世界は残酷なんだ。しょうがないじゃない。頼れるのも信じられるのも自分だけなんだからっ!


「ホズミ、くん……。あたし、また、やっちゃった……。ごめんね。あたし、『セリカ』にはもうならないって、約束してたのに……」
「無敵さん?」


 うわごとか? ぼそぼそと呟かれる無敵さんの言葉の意味が、俺にはうまく理解出来ない。


「でも。でもね。あたし、上手に“演じた”でしょ? だから、そんな目であたしを見ないで。どうして? みんな、どうして、そんな、恨めしそうに、あ、た、し、を……」
「無敵さん! しっかりしろ、無敵さん!」


 くそっ。これは相当きてるぞ。記憶の混濁が起こってる。とはいえ、片手は目を隠してなきゃならないし、これじゃあ自由に動けない。


「大丈夫。大丈夫だよ、無敵さん。ここには、お前を憎んでいるやつなんか一人もいない。だから、ゆっくりと、安心して、目を、閉じて。俺に任せて、目を閉じるんだ」


 とにかくこの目をどうにかする為、俺は無敵さんの耳元で囁いた。それがやっぱり良くなかった。


「おおおいっ! ホズミ! お前、どさくさに紛れてキスしようとかしてんじゃねぇ!」


 俺は後頭部をどつかれていた。ゴン、とか鈍い音がした。すげぇ痛い。
 無敵さんの為に何かをすると、不幸が俺に振りかかる。この世界は、そういう風に出来ている。とらドラの竜児と大河もそう言ってたから、俺はそう確信した。


「とにかく、まずは保健室に」


 それでもなんとか無敵さんの目を閉じさせるのには成功した。そう思い、立ち上がろうとした時だった。


「どいて、オトっちゃんっ! ぼーっとしないのっ!」
「ぐはぁっ!」


 いきなりだった。俺は七谷に弾き飛ばされ、無敵さんを奪われていた。
 なんでやねん! 俺、運ぼうとしてたやん!


「先生!」


 無敵さんをお姫様抱っこして立ち上がった七谷は、留守先生に呼びかける。


「行きなさい。急いで!」


 留守先生は腕を横に振り払った。「薙ぎ払え!」ってセリフもしっくりきそうなかっこいい動作だ。


「はぁいっ」


 七谷は元気よく返事をして走り出す。


「お、ま、待て」


 七谷に体勢を崩されたせいで、俺は遅れて走り出す。


「七谷さん。それは僕の仕事だよ」


 俺たちの後に、阿久戸が続いて駆け出した。


「仕事? お前の?」


 教室の後ろ側のドアから廊下に出たところで、俺は阿久戸に問いかけた。


「そうさ。僕は保健委員だからね」


 阿久戸が爽やかに微笑んだ。なぜだか寒気を覚える笑顔だ。


「あー。そーいえばそーだったねー。でもさ、阿久戸くん。無敵さん、男の子にこんな風に運ばれたら、きっと凄く恥ずかしいんじゃないかって。菜々美は、そう思うんだ」


 小さくて細い無敵さんは、きっと軽いに違いない。だとしても、その無敵さんを軽々と抱っこして颯爽と駆ける七谷に、俺はかなり驚いていた。


「なるほど。そうかも知れないね。じゃあ、ここは七谷さんに甘えさせてもらおうかな。でもね、ホズミくん」
「ん? 俺?」


 保健室は、一階の玄関から一番遠い端にある。1年1組の教室の隣にあった。俺たちの3組から、今は2組の教室前を、俺たちは疾走している。春の日差しが差し込む廊下は、俺たち三人の忙しない足音だけが支配していた。


「ホズミくんは、保健室にまで付き添う理由がないんじゃない? ここは僕たちに任せて、もう教室に戻ったら?」


 阿久戸はそう言って「くすくす」と愉快そうに笑った。


「うえ? あ、そ、そう?」


 不意を突かれた俺は、妙な声を出していた。


「そうだよ、オトっちゃん。ここは菜々美たちが引き受けたっ。だから、先に教室に帰ってて。それとも、どうしても一緒に来たい? む、無敵さんが、き、気になる、の?」
「ぬええ? ば、そ、んなワケ、あるかよ」


 こっちにも、「ぬええ」とか言っていた。なんだよ「ぬええ」って。新種の深海魚かなんかなの? 動揺の仕方が分かりやす過ぎて、自分で自分に突っ込むわ。
 いや、でも、ぶっちゃけ気になる。このまま、無敵さんを放ってはおけないような気がしてる。七谷もいるし阿久戸もいるんだから、任せておけばいいって理性では思うのに。なぜだろう。俺の“本能”が、「俺じゃないとダメだろ?」って叫ぶんだ!
 だから。


「う、うっさいな、二人とも。俺はクラス委員長なんだ。だから、クラスの誰かに問題があれば、最後まで確認するのが当然だろ」


 俺は半ばヤケクソになっていた。いいや、もう。多少強引になったって。形振りなんか、構わねぇ!
 どーせ俺なんて「ドSでホモで覗き魔なエロ絵師」なんだし、今さら少しくらいかっこつけたってどうにもなるもんじゃねーだろ。つくづくオワタ。





「豆腐メンタル! 無敵さん」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く