話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

豆腐メンタル! 無敵さん

仁野久洋

阿久戸志連宣戦布告②

「本当に悪習であったなら、なぜここまで存続しているんでしょう? 今までにも、同じ疑問を持った人はいたはずです。しかも、たくさん、たくさんいたはずなんです」
「大数の論理か? そんなもので誤魔化される俺じゃ、ないッ!」
「違います。あたしは、事実を述べているだけです。今日現在まで、日本中の学校で実施されているこの号令の事実を。地方によって掛け声が違ったりはしますけど、どこでも今日もされている『授業前の挨拶』という号令の事実を」
「今までは、“まだ”軍隊式が体に染み込んだじじいどもが、この国を仕切っていたってだけだろう。号令に抵抗の無い、じじいどもがな。だから、これから、なんじゃねぇのか? 日本でも、この号令が廃止されるのはッ!」
「そうかも知れません。でも、そうじゃないのかも知れません」
「貴様ッ! 俺を馬鹿にしているのかッ!」


 あくまでも冷静な無敵さんに対し、宗像のボルテージは上がっている。アツそうな男だから、さらにアツくしてやって、思考のオーバーヒートを狙ってやろうって算段か?
 ここまでの会話で俺が感じたこと。それは、無敵さんの『肯定』と『否定』の高度差だ。弱い肯定に弱い否定。やんわりとした口調で冷静に。かと思えば強い否定は力強くてはっきりしてる。そして、またどっちつかずの曖昧な反応。
 宗像は気付いていないようだが、これでかなりイライラさせられているようだ。宗像は、もう無敵さんの術中にはまっている。俺はそう判断した。でも、まだ弱い。もっと、なにか決定的な一打が欲しいところだが……。


「じゃあ訊きます。宗像くんは、なぜ号令を廃止すべきだと思うんですか? 国会で意見陳述をしているつもりで、その根拠を提示してください」
「は? な、なんでそんなところで?」


 やりやがった! 浮足立ったところを、すかさず一撃かましやがった!
 宗像は一瞬呆気に取られてしまい、うっかり受け手に回っている。それは、攻守交代の瞬間だった。


「なぜって? 挨拶など無駄なんでしょう? 廃止するのであれば、当然、然るべき手順を踏まなければなりません。学校での国家斉唱にしても、以前、国会で議論されたでしょう? あれだけ強く言う宗像くんであれば、もちろんそれなりの意見を持っているんじゃないですか?」
「ま、待て! それじゃあ順序が逆だろうッ! 俺はホズミに『この号令の必然性を示せ』と」
「確かに。じゃあ、あたしがその『必然性』を説明出来たなら、宗像くんも廃止すべきだとする根拠を語ってくれますね?」
「うっ……」


 しん、と教室が静寂に包まれた。誰かの喉が、ごくりと鳴った。
 くだらない。ホント、こんな議論はくだらない。こんなことに、なんの意味があるんだろう?俺と同じく、みんなが多分そう思っているはずだ。
 だけど、この教室に張りつめた緊張感は、くだらないけどくだらなくない。聞いてもしょうがないけど聞いてみたい。そんな“二律背反”に陥った、みんなから生じた空気なんだろう。それでも、この結論を見てみたい! と。


「――、分かった。ただし、無敵さん。お前が、俺を納得させる説明が出来たなら、だッ!」


 宗像がぐわっと前髪をかきあげた。その宗像に、俺は思う。それは“正しい判断だ”と。
 今までの反応で、宗像に『号令廃止』にまで至る明確なビジョンがなさそうなのは分かっている。多分、無敵さんもそう思っているだろう。従って、宗像がこの場をやり過ごすには、そう言うしかないはずだ。例え一時しのぎであれ、まだ敗北には塗れない。ここは時間を稼ぐの一手に逃げるのみ。俺でもきっとそうするだろう。
 つまり、ここが勝負どころということだ。無敵さんが『号令の必然性』さえ説明出来れば、それで勝利が確定する。
 だが、しかし。根拠があやふやな精神論を主張したところで、宗像が納得するとも思えない。もちろん、俺だってそうだ。


「……お前、ホントに大丈夫なのか?」


 心配になった俺は、小声で隣の無敵さんに問いかけた。無敵さんは。


「えっ? そ、それは、エ、エッチ、の、こと、ですか?」
「はぁっ!?」


 あまりにも理解が不能な返答によって、俺の間抜けな大声が教室中に鳴り響いた。





「豆腐メンタル! 無敵さん」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く