話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

豆腐メンタル! 無敵さん

仁野久洋

阿久戸志連宣戦布告①

 そして、無敵さんは語りだした。別人のように。”誰か”が”乗り移った”かのように。


「アメリカでは、授業前にこんな号令をかけたりしません。世界中、ほぼ全ての国が、日本みたいな号令をかけません。韓国ではやりますけど、大戦中占領時の名残りだとして、廃止論が出ています」


 無敵さんはそう切り出した。
 おいおい、いきなり号令全否定? そこからどうするつもりなんだ、お前は? でも、良くそんなこと知ってるな。俺、全然気にしたことなかった。


「そぅら、見たことか。やはりこんなの軍隊じみてるってことなのだ」


 宗像が「ふん」と鼻を鳴らして勢い付く。


「特にドイツでは“号令”へのアレルギーが顕著です。それは『ヒトラー』から得た教訓によるものなんでしょう。ドイツの子どもたちは、徹底的に“自分で考える”ことを学びます。おかしいことはおかしいと、相手が教師であろうとも遠慮なく言える教育をされるんです。人に、流されないように。見えない“みんな”に、思考を委ねてしまわないように……」


 そこで、無敵さんは一旦言葉を切っていた。どうした? その間は、なんだ?


「そっか。例え教師からの号令であろうと、無暗に従ったりしないんだね。特に軍隊みたいな号令には。そういうこと、無敵さん?」


 七谷だ。七谷が無敵さんへ、にぱっと笑顔を投げかける。軽そうな見た目の七谷が、こんな風に乗って来るなんてな。ちゃんと話を聞いてただけでも驚きだっていうのに。これは失礼過ぎるかもだけど。


「そうです」


 無敵さんはこくんと頷いた。


「じゃあ、俺たちがやらされて来たことは、やっぱり良くないってことだろう? 意味が無いどころか“悪習”だったというわけだ。それではますますやれないな。特にホズミの号令下では」


 宗像がにたりと笑って俺を見る。宗像は、勝利をほぼ手中に収めたつもりでいるに違いない。
 馬鹿め。今喋ってんのは、無敵さんなんだぜ? 何度か舌戦を交えた俺だから分かるけど。こいつ、実は相当論戦に慣れてるぞ!


「そうかも知れません。でも、そうじゃあないかも知れません」
「なに?」


 宗像の顔色が明らかに変わった。
 来た。いよいよだ。何を言うつもりだか知らないが。相手が俺じゃないことで、一つ、今気付いたことがある。それは。俺が、こいつの次の言葉にわくわくしているっていうことだ!





「豆腐メンタル! 無敵さん」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く