話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

豆腐メンタル! 無敵さん

仁野久洋

三日目七谷水難事件⑦

 こういうのは、“呼吸”ってのがあるからな。この号令、たぶん誰もが「命令」だって、昔から、ずっと感じてたはずなんだ。人に命令されるのが好きなやつなんて滅多にいない。もしいたら高確率で変態だ。とはいえこんな号令一つのことで、そんなに反発するやつもまずいない。こんなのただの儀式なのだから。
 だが、今は。今の、このタイミングで、号令をかけたのが無敵さんだってのがいかにもまずい。
 初日の事件で、みんなはすでに無敵さんを“保護すべき人間”だと認識している。自分より弱く、劣っていると見下してもいるだろう。そんなやつに呼吸をはかる間も与えられずに命令されて、誰が素直に動くんだ。


「す、すいません。ごめんなさいっ。あ、あたしなんかの号令で、立ちたくないのは分かりますっ。で、でも、これはクラス委員長の仕事で、でも、今は、その委員長さんが困ってて。突然言われたから、あたしと同じでびっくりしててっ」


 静かな教室に、無敵さんのくぐもった声だけが広がった。こいつの声は、とても不思議だ。くぐもっているはずなのに、やけに通る。普通に話しているともっと良く通ってしまう。
 俺は、こういう話し方をする人間を見たことがある。
 家族で良く見に行った、劇場のミュージカル。
 無敵さんの声は、そこで歌や踊りや演技を披露する舞台俳優たちに良く似ているんだ!


「…………」


 留守先生?
 ふと気になって見てみれば、留守先生もまるで動く気配がない。無敵さんを見つめる表情は真剣そのもので、俺にはまるで別人に思えた。


「……なんかさ。痛いね、無敵さん」


 ぼそり、と女子の一人が呟いた。


「だ、だから、副委員長になったあたしがやらなくちゃ、って。やるしかないな、って思って。ごめんなさい。でも、お願いです。みなさん、あたしの号令に、し、従ってっ」


 ああ。まーた泣きだした。なにをそんなに頑張ってやがるんだか。
 無敵さん。お前、そういうことするの嫌いだろ?
 無敵さん。お前、そういうことすると苦しいんだろ?
 それでもそうしてしまうのは、多分俺のせいだよな?


 お前は、困った人を放っておけない性質なんだ。昨日も、にゃんこを助けたし。変なやつだ。おかしいじゃないか、そんなの。
 人に迷惑をかけるのが嫌だから、自己紹介しただけで死にたくなっちまうのがお前だろ?
 人に迷惑をかけたくないなら、人と関わらなければいい。今はネットでなんでも出来る。買い物だってそうだけど、学校すらネットで済ませてしまう時代だぜ?


 なのに、どうしてお前はこの学校に入学した?
 なのに、どうしてネコを助けた?
 そして、どうして俺を部屋に上げた? お茶やお菓子や雑誌にゲーム。誰かが来たら、もてなす準備は万端だったじゃないか、お前の部屋。


 更に、今。そんなにぶるぶると震えているんだ。自分のしていることが怖くて嫌で仕方がないってことだろう?
 なのに、どうしてそこまでして俺なんかを助けようとしているんだ? 俺はお前に優しくなんてしてないぞ。俺は、お前にそんな……、そんなに優しくされる理由はないっ!


「きっ、きちーっちゅっ」


 とうとう無敵さんは噛みだした。舌が回らなくなったらしい。


「き、きらー、ちゅべらっ!」


 今度は本当に舌を噛んだ。「いひゃいー」と叫んで涙を浮かべる無敵さん。
 俺は、こいつのことを見誤っていたのかも知れない。ここまでみんなに無視されているというのに、まだ号令をかけ続けることが出来るとは。


 豆腐メンタル? ああ、確かに最初、そう思った。
 でも、こいつの豆腐。
 胸に当たると、結構ダメージありそうだ!


「はーい。菜々美には、ちゃんと聞こえてるよ、無敵さんっ」


 七谷がぴっと手を挙げて立ちあがった。


「私にも聞こえている」


 黒野が本をぱたんと閉じて席を立つ。


「はっはっは。俺にだって聞こえているぞ、無敵さん」


 後藤田が歯を光らせて親指を立てた。さっきのダメージはもう抜けているらしい。教室の中心から左寄り。無敵さん係が立ちあがった。その中でも一番左、窓際という最高のポジションにいる俺は。


「起立っ!」


 ぐるりと全員の目を見渡し、毅然と号令をかけていた。















「豆腐メンタル! 無敵さん」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く