話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

豆腐メンタル! 無敵さん

仁野久洋

二日目欠席入浴中⑫

「……あたし、いらない子、だから……」
「え? なんだって?」


 かすれて小さな無敵さんの声は、うまく聞き取れなかった。でも。でも、こいつ、今、とんでもなく――、とんでもなく、哀しいことを言ったんじゃないのか!?
 それだけは感じ取れた。ということは、もしかして俺は、今、無意識に無敵さんの言葉を「聞かなかったこと」にした、ってことなのか?


「だから、あたしって、いらない子なの。誰にも必要とされないし、いるとみんなを不幸にしちゃう。だから、あたしはいらない子。いたらダメなの、あたし」
「…………」


 聞かなかったことにはできそうにない。無敵さんは力なく笑った。その笑顔は、俺の心を鋭く抉った。別に驚いているわけじゃない。同情しているわけでもない。こう言ってしまうと俺がいかに冷たい人間であるかを否応なしに自分自身で知るわけだが、そんな余裕を一瞬にして失ってしまったのだから仕方が無い。
 声が出ない。言葉を失う。思考が停止しているのだから当然だ。油断していた。不覚だった。俺の心は、無敵さんの言葉に激しく強く共鳴してしまっている。


 なぜなら。
 俺は、”許されない男”なのだから。
 他人から排除されているという点で、俺と、無敵さんは、同じ、だ。


 そのまますっくと立ち上がり、隣の部屋へと消えてゆく無敵さんの後ろ姿を、俺は黙って見送ることしか出来なかった。




   *   *   *




 隣の部屋に消えた無敵さんが戻るのを待たずして、俺はエレベーターに乗り込んでいた。四人乗れば満員になるような狭いエレベーターの中、足元がふわふわとしているような気がして不安になる。俺はエレベーターの冷たい鉄の壁にもたれかかった。俺の精神エネルギーはかなり消耗しているらしい。


 結局、何も聞けなかった。
 学校を休んだ理由も。
 自分を「いらない子」とする意味も。


「……ま、聞かない方が正解、か」


 俺だって、自分のことを詳しく人に教えたくはない。不快にさせるだろうからだ。同時に同情もされるだろう。なにより、俺のくだらない過去の葛藤に巻き込んでしまうことになるかも知れない。それが俺には許せない。
 俺が俺の事を語るのは、“俺にとって正しい反応”をしてくれると確信した人間だけになるだろう。また、面倒をかけてもいいと思えるくらいに甘えられる存在でもあるはずだ。
 つまり、語ることは無い。俺が他人にそこまで甘えることはない。そもそも“正しい反応”なんて、俺にも分からないのだから。


 ぽーん、と一階に到着したことを知らせる音がし、ドアがするすると開いてゆく。


 そこには「あ?」と、敵意をむき出しにして、俺を見下す男がいた。「モデルかなにかやってますよね?」と思わず訊いてしまいそうになるような、すらりとした長身の男だ。びしっと着こまれた黒いスーツが大人びてはいるものの……、纏う雰囲気は”暴虐”としか言い様がない男だった。


「誰だ、てめぇ? ここには、無敵さんしか住んでいないはずだ。まさか、てめぇ……」
「え? は? ひ?」


 めちゃくちゃ怒ってらっしゃるらしい。拳をぼきぼきと鳴らし、びきびきとこめかみに血管を浮き出させたデルモな男に、俺はただうろたえるのみだった。


「ちっ。まさか、こんなことで人を殺すことになるとはな。俺の人生はもう終わった」


 デルモ男(今命名した)は、ボキボキボッキンと指やら拳やら肩やら首やらの骨を鳴らすと、ずい、と俺に歩み寄る。デルモ男の背中から、暗黒のオーラが立ち昇っているのがはっきりと視認出来た。


「え? 嘘? これ、絶対錯覚だよな? それか手品?」


 気圧された俺は、エントランスの壁に背をぶつけた。腐女子であれば、ここで《壁ドン》を期待するに違いない。自分で言うのもなんだが、俺とこのデルモ男とであれば、かなり受けることだろう。いや、俺は受けも攻めもイヤだけど。


「悪いけどよ。今、手持ちの凶器が無いからさ。楽に死なせてやれないけど、悪く思うんじゃねぇぞ」
「えええ! 悪いけど悪く思うなって、おかしいでしょ!? そんなの無理だ!」


 攻めだの受けだのアホなことを考えている場合ではなかった。デルモ男の切れ長の目にはくっきりとした“殺意”があった。それはもう、瞳に《殺》って字が浮かんでいるくらいに。
 いかん! 妙な誤解で殺されるなんて死んでもイヤだ! てかこいつ、一体どんな想像してやがるんだ!?


「ちょ、ちょっと待ってくれ! 俺はここの四階に引っ越してきた八月一日ほずみって者だ! ここには人が五階にしか住んでないって、そりゃいつのこと言ってんだよ!」


 く、くそっ。こいつが無敵さんの関係者である以上、この情報は与えたくなかった。が、痛い思いとか、痛いで済まなくて遺体になる事態とかは避けねばならない。俺は断腸の思いでそれを伝えた。


「ああん? てめぇ、助かりたい一心で嘘ついてんじゃねぇだろな? 証拠はあんのかよ?」


 うおお。なんて高飛車な男なんだ。ケンカしても必ず勝つって思ってんだろ。どうしてこういうイケメンって、みんな自信に溢れてんの? イケメン限定でそういう薬でも売ってんの? それっていくらで売ってんの? おい、興味津々じゃないか、俺。


「嘘じゃないさ。ほら」


 俺はポケットから鍵を取り出した。キーホルダーを付け替えるのとか面倒な俺は、まだ大家さんにもらった状態のままでこの鍵を使っている。薄っぺらいごく普通の鍵には、『4号室』と書かれたプレートがぶら下がっている。


「ふぅん。嘘じゃなさそうだな。そんなもん、今用意出来るわけがねぇし、4号室なんて書いてある鍵も珍しい。たいていはどこも各階に何部屋かあるから、2‐1だの3‐2だの書いてあるだろうしな」


 デルモ男は結構あっさりと納得した。


「分かってくれて良かったよ。じゃ、俺はこれで」


 とにかくここから逃げなければ。学校にも早く戻らなくちゃいけないし。自分の家に戻るだけでえらい大冒険しちまった。俺は無敵さんに関わると早死にするに違いない。次からは『やくそう』をしこたま買うか『ホイミ』の呪文を覚えてから旅立とう。


「おう。んじゃな」


 手を軽く上げたデルモ男の後ろで、ぽーんと軽快な音を鳴らしたエレベーターのドアがするすると開いた。めちゃくちゃ嫌な予感が俺を撃つ。


「ホズミくんー。携帯、部屋に落としてましたよー」
「げえぇぇぇぇっ!」


 エレベーターから飛び出してきたのは、俺の携帯を高く掲げた無敵さんだった。なにしてくれちゃってんだよ、俺ぇ! どうしてポッケからお外に出ちゃったの、マイ携帯ぃ!


「な! なっにぃいぃぃぃいいいぃ!?」


 振り返ったデルモ男が、悲鳴にも似た声を上げて目を見開く。
 無敵さんは、いまだバスタオル一枚を巻き付けたかっこうのままだった。その無敵さんが、俺の携帯を手にして、「部屋に落としてましたよ―、よー、よー……よー……(エコー付き)」と声高にご説明してくれている。
 これで誤解をしないやつなどいるはずがないと断言出来た。考えるまでもなく、俺はダッシュを開始していた。


「てめぇーっ! 俺を騙してやがったなぁっ!」


 デルモ男が先っちょの尖った蹴られると痛そう、てか絶対刺さるような革靴を、ガガガと鳴らして追いすがる。もちろん俺に。返事はしない。てか、出来ない。
 無敵さんが聞いている以上「本当です」とは反論出来ない。なぜなら、ここに住んでいることが無敵さんにバレるから。「はい、嘘です」とも答えられない。それはデルモ男から完全に“敵”だと認定される答えだからだ。俺の帰る場所に出没するに違いない、やたらと気が短くてケンカ早い男に、だ。
 家にもおちおち帰れなくなるなんて最悪な返答だろう。結局俺は、デルモ男の怒りを軽やかにスルーするしかないのだ。


「ちっくしょう! なんて逃げ足のはええやつだ! チャカ(拳銃)を持ってくりゃよかったぜ!」
「あっ。ホ、ホズミくーん? ……と、水無人みなとくん?」


 デルモ男の言い放った「チャカ」のインパクトが強すぎて、俺は無敵さんの呟きに気付けない。とにかく逃げろ。俺の足なら、大概のやつからは逃げられる!


「ちっくしょおー! もう、絶対に無敵さんとなんて関わらねぇーっ!」


 俺の魂の叫びは、本町商店街のアーケードに虚しく木霊していった。




<a href="//2077.mitemin.net/i141304/" target="_blank"><img src="//2077.mitemin.net/userpageimage/viewimagebig/icode/i141304/" alt="挿絵(By みてみん)" border="0"></a>





「豆腐メンタル! 無敵さん」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く