話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

豆腐メンタル! 無敵さん

仁野久洋

二日目欠席入浴中⑩

 そして、無敵さんの反論が始まった。


「学校を休んだ? お風呂? 話をそらさないでくださいっ。あたしは、裸を見られたことについて言っているんですっ」
「はい?」


 そうなのだ。反論されたということは、完璧だと思っていた俺の論理が、無敵さんには通らなかったということだ。うっそーん。
 ええー? なに、この子? まともな理屈が通用しないタイプなの? 無敵さんが学校を休んだことについても、俺がここに来た最大の理由なのに、軽く脇に置かれちゃってるし。こいつ、やっぱりめんどくせぇー!


 ぷくー、と膨らんだ無敵さんの頬を眺める俺の額に、つつーっと汗の伝う感触があった。しかして、無敵さんは語り出した。俺の思考回路では少し追いつかないようなことを。


「責任の所在がどうとかより、あたしが裸を『見られた』ということに対するホズミくんの考えを聞かせて欲しいの。ほら、自分が悪いわけじゃなくっても、相手に可哀そうなことをしたなぁ、って思う時とか、あるじゃないですか」
「え? あ、まぁ、それは確かにあるけど。でも、だからって自分が悪くもないのに、謝ったりとかするのは違うだろ?」
「それはもちろんそうです。でも、その場に相応しい適切な言葉が見当たらない時、相手がとても、とってもへこんでいるにも関わらず、『そんなの俺のせいじゃねぇ』とかって、ホズミくんは堂々言えちゃうわけですか?
 これが例えば恋愛だったりした場合、あたしがこっぴどく振られた原因にホズミくんがいたとしましょう。つまり、あたしが好きで好きでしょうがなくなって、告白までした人が、リアルBLだったことになるわけです。ホズミくんはその人のことをなんとも思っていなかったとしても、それでも事実、あたしは間接的にホズミくんによって恋路を邪魔されているわけです。
 とんでもない恋の結末です。あたしの心は大変に傷ついているはずです。でも、ホズミくんはそのことを打ち明けたあたしに、『そんなの俺のせいじゃねぇ』と、やっぱり言ってしまうわけですね? ひどいです。鬼畜です。そんなの、人間の皮をかぶった悪魔ですっ」
「いや、ちょっとちょっと。そんなおかしな例えで責められても意味分かんないから。リアルBLとか、その対象が俺だったとか、マジで気持ち悪いから」


 なるほど、そう来たか。事実関係から自分の非がないと証明する俺に対し、無敵さんは人道的な視点から攻める気でいるようだ。それにしても、俺の一生に本気で「人間の皮をかぶった悪魔」なんて言われる日が来るとは思わなかった。それも、こんな人間の皮を被った被捕食願望持ちの変態に。これ、すげー納得出来ないんですけど。


「意味が分かりませんか? うそです。ホズミくんなら、こんなの絶対分かるはず」
「あー、まぁ、な。でもさ、そんでお前、結局何が言いたいの? 俺にどうさせたいわけ? 俺に出来ることならしてやるが。あ、予め言っとくけど、謝れってのは断固拒否するけどな」


 なんかもう本当にめんどくさっ。このままじゃあ、一向に本題に入れない。そう考えた俺は、無敵さんの意向を探ることにした。それを叶えてあげれば、こんなわけの分からない会話も打ち切れるはずだし。これが一番手っ取り早い。と、思ったのだが。


「謝って欲しいなんて言いませんけど……」
「けど?」


 違うのかよ。じゃあ、どうすりゃいいんだよ。もうイライラしてきた。


「ホ、ホズミくんって、見かけによらず、ど、鈍感、なんだね」
「悪かったな。でもな、人は見かけじゃ分からないもんなんだ。勉強になっただろ? だから、これで良しとしないか?」
「で、出来ませんよっ。いいですか、ホズミくん? 女の子が裸を見せるのって、ほんっとーに、大事な人にだけ、なんだからっ」
「あー、それはそれは。俺が大事な人じゃなくって重ねがさね悪かったな。はいはい、どうもごめんなさいっと」


 俺は投げやりになっていた。どこにこのやりを投げようかと部屋を見回してしまうくらいに。もー、女って、どうしてこうも面倒なの? いや、そんな風に思ってしまったら、恋愛に失望してしまう。こんなのこいつだけだ。そう決めた。


「本当に、悪いって、お、思って、る、の?」
「は? あ、ああ。て、ちょっと」


 急に声が近くなり、驚いて顔を前に向けると、無敵さんが至近距離にまで接近していた。人にはそれぞれ他人に侵されたくないパーソナルスペースというものが存在する。俺の場合、一メートル以内に近付かれると不快になる。
 が、無敵さんは俺のそれをやすやすと越えていた。俺の視界いっぱいを、無敵さんの顔が占めている。真っ赤な、無敵フェイスが。しかも、瞳が、また大きく開かれている。きらっきらの、きれいな瞳が!
 ちかっ! 近いかわいいい! おいおいおい、近すぎるだろ、それ! その距離、恋人同士じゃないとあり得ないぞ、多分! ぐああ、また心臓がどっきんどっきんし始めたぁ!


「おおお、思ってる思ってる。無敵さんの将来の彼氏に申し訳ないことをしたとか、俺、マジで思ってるから」


 俺は慌てて顔を背け、全然思ってもいないことをそれらしく言っていた。こんな時に重宝する俺の特殊スキル《嘘八百》の発動だ。
 だいたい、将来彼氏になるヤツより先に、その子の裸を見たことあるってのは、正直言ってかなり優越感あるだろ。でも、そういうのって、普通、幼馴染で小さい頃、良く一緒にお風呂に入ってたとかいう設定だよね。こんなシャレにならない年齢でそうなるのって、相当荒んだ性生活を送ってる子しかいないんじゃないのかな? こんなことって、まずないし。


「はっ。そ、そういえばそうかも。あたしがもし誰かと付き合ったとして、もしそういうコトをする事態に陥った時、『お前の初めての男は、俺だよな?』って聞かれても、どう答えていいのか困るですっ」
「今気付いたのかよ、お前」


 しまった。余計なことを言ってしまった。俺は「ち」と小さく舌打ちした。
 それにしても、いちいちリアルな妄想をするやつだ。将来は是非クリエイティブな職業に就いて欲しい。出来ればラノベとか書いて、多くの青少年たちに夢と希望と性欲の捌け口を与えてくれ。俺も含めてだけどな。


「で、でも」


 真っ青になり、もの凄く困った顔をしていた無敵さんだったが、数瞬後には再び熟れたトマトのような色に頬を染めていた。なんか激しくもじもじともしている。


「ん?」


 何を言い出すのかと身構えた俺の判断はやはり正しかった。次の一言を無防備に聞いていたら、俺は「精神反応微弱! 自我境界線が崩壊を始めています!」とか、オペレーターに叫ばれることになっただろう。いや、エヴァには乗ったことないんだけど。当然。
 そして、吐息がかかるほどの距離で、無敵さんはその言葉を発した。


「も、もし、それがホズミくん、だったなら……。その問題は、解決、します」
「は? それって、その将来の彼氏が……?」


 俺は自分を指差した。無敵さんは、こくんと小さく頷いた。


「はぁぁぁぁぁ!?」


 絶叫した。そりゃ絶叫だってしちゃうだろ! 何を言い出しやがってるんですか、こいつはぁ! ただでさえバスタオル一枚なんて姿で性への興味が絶頂期にある高校生男子(なりたて)の目の前にいるヤツが、そんな誘惑めいたことを言うなんて! それは俺に「おいしく。た・べ・て☆」ってお願いしているのと同義だぞ!
 いや、でも、もしそうなっても俺は我慢が出来るはず。ここは無敵さんが一人暮らしをする部屋で、邪魔する人は誰もいないし、絶好の環境ではあるけれど。告白がこういう状況では、デートを何回かしてからキスするとか、そんな順番は飛ばしてしまっても仕方が無いもんな。
 いやいや、仕方が無いってどういうこと? やる気マンマンじゃない、これ? おい、頑張れ、俺の理性よ!
 む、無敵さんなんて、普通にしてたら地味だし目なんか漢字の一だし、おっぱいの形もいいし、スタイルなんて俺の部屋に飾ってあるフィギュアにも負けないくらいにいいけども。俺、あのフィギュア、何度もぺろぺろしているけども。


 ぜんっ、ぜん! 我慢出来る気がしねぇ! ダメじゃん、俺! もう全くダメな子じゃーん!


 俺の中の《必殺技ゲージ(性的興奮メーターとも言う)》が満タンを一瞬で突き抜けた時、無敵さんはまたしても衝撃的な一言を言い放った。


「でも、もう一つ問題があるんです。それはね、あたしが、ホズミくんのこと、なんとも思ってないことなんですよねぇ」


 無敵さんは頬を押さえると、「ほぅ」と小さく嘆息した。





「豆腐メンタル! 無敵さん」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く