話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

豆腐メンタル! 無敵さん

仁野久洋

二日目欠席入浴中⑨

 いよいよ本気でヤバいゾーンにまでバスタオルが辿り着き、俺の心拍が急上昇している。だが、それは「どぉぉぉぉっ、くぅぅぅぅんんん……」といった、ゆっくりしたものだ。普通の人間であれば絶対に体感し得ない感覚に、気持ち悪さがこみ上げる。


 ぐええ。れ、冷静に。冷静になれ、俺!


 無敵さんは昨日初めて出会ったばかりのクラスメイトであり、俺にとってはそれ以上でもそれ以下でもない。あ、関わり合いになりたくないとか思っている時点でそれ以下ではあるかも。
 それはともかく、兎にも角にもそんな女子の全裸など見てしまった日には、これからどう接していったらいいのか非常に悩む。更には無敵さんの裸が夢に出てきちゃったり、そのせいで翌朝、男の生理現象などを引き起こしたりしていた場合、俺はきっと極度の自己嫌悪に陥り「無念!」とか叫んで切腹する。は、おおげさだが、精神的なダメージはそれくらいに甚大だ。これが彼女であったり、せめて好きな子であったりすればまた話も変わってくるのかも知れないが。おいおい。何考えてんの、俺? 状況整理はどうした、おい。


 少しだけ冷静になった俺は「早く閉じてくれ、瞼!」と念じてみた。


 ぬあぁっ!


 だが、一向に目は閉じない。バスタオルはさらに下がり、とうとう無敵さんのバストにおける頂点まであと数ミリというところまで迫っていた。
 なんでじゃーい! 瞬きのスピードって、確か100ミリ秒程度のはずだぞ! 一秒あったら、どんだけ閉じられると思ってんだよ、俺ぇ!
 はっ。と、いうことは。
 さては、俺の《本能》が、脳からの命令をキャンセルしてやがんのか! 「見るな」「見たい」「だめだ。見るんじゃない」「いーや、俺は見たい」って感じで、理性と本能が戦っているに違いない!
 なんてことだ。サイテーじゃないか、俺。もしもこんな場面に遭遇することがあっても、俺は決してガン見するようなヤツじゃない。そうじゃないって、信じていたのに!


 その直後。俺は、この世界の《神》ってヤツが、残酷であると思い知るのだった。


「ひゃわっ。いけないっ」
「なんだとぉ!」


 あと一歩。無敵さんのバストの一番大事な所であり、甘美なアクセントとして存在するはずの、あの、なんていうか、突起部? 露骨に言えばB地区? が「見えた!」と思った瞬間、俺の《ブレイン・バースト》は解除されていた。あれぇ? いつもより、なんか終わるの早くない? 
 同時に、バスタオルが異常事態であることに気がついた無敵さんの両腕が流星のごとく輝いていた。ように、俺には見えた。無敵さんの腕はひゅばばばば、とバスタオルを元の状態にまで復元していたのだ。
 例え俺の《ブレイン・バースト》発動中であったとしても、果たしてその動きが捉えられていたのか分からないほどのスピードだったが。


 くあぁぁぁぁ! なんだよ、おいぃぃぃ! ちらりとは見えたけど。ちらりとは見えたけどぉ! 俺の瞳に残る無敵さんバストの残像、ピンボケした写真みてーになってるじゃん! 
 見えてはいるけど、はっきりくっきり鮮明には分からない。想像、あるいは妄想補正をかければまずまずの映像ではあるが、それはやはり“本物”とは呼べない。
 これならば、全く見えなかった方がいっそ清々しかった! なんだよこの得したのか損したのか良く分からない残念感! またやりやがったな、《ラブコメ神》め! 俺のドキドキを今すぐに返せぇ!
 つーかこれ、全力で悔しがっている俺ってなんなの? 自分の醜くも健全な部分を知ってしまった分、これは完全に損しただろ。


「ひゃわわわ。あぶ、あぶなかったぁ。ご、ごめんね、ホズミくん。お見苦しいものをお見せしそうになっちゃって」
「あ、いや」


 かさかさに乾いた俺の口から、なんとも情けない声が出た。正直、がっかりしているからだろう。しかし。しかし、だ。
 ピンボケであっても、無敵さんのプロポーションは把握出来た。そう。まるで美少女フィギュアがそのまま等身大になったような、実物大のフィギュアのような、生身の人間とは思えない、無敵さんの信じがたいプロポーションを!
 どこにいるんだろ、《ラブコメ神》って? 居場所を突き止めたら絶対に撲殺してやる。それぐらい残念になってきた。
 なので「別に、見苦しいってことは。むしろ、きれい、つーか」と、つい言いかけて、俺は口に手をやった。


「え? え? ま、まさか……、み、見え、ちゃった?」


 無敵さんの唇が「あわわわわわ」と震え出した。顔には縦線がずらりと下がっている。顔面蒼白。てか真っ青。


「み、見えてない。見てもいない。だ、だから安心しろ」
「うそです。ホズミくん、あたしの、は、裸……、み、見た、でしょ」
「うっ。み、見てないって言ってるだろ。何を根拠にそう言うんだ、お前は?」


 ちょっと声が上ずった。く。まずい。なんでこいつってこう、無駄に勘が鋭いの? そういうとこも怖いんだよ、お前は。


「うそ。見たんだ。ふ、ふぇぇ。どうしよう、どうしよう。あたし、嫁入り前なのに、男性に裸体をっ」


 無敵さんは顔を覆って泣き崩れた。ひっく、くすんと泣く声は、こんな場面では不謹慎だと思いつつ、なんだか猛烈に可愛かった。


「いや、落ちつけ。だいたい、嫁入り前に裸を見られたからってなんなんだよ? 今時、裸を見せ合う前に結婚するカップルなんかいねーって」


 そうだよね? 大昔ならいざ知らず、現代日本においてそんなカップルいねーだろ。
 ぺたんとキッチンの床にへたりこんでしまった無敵さんの頭を撫でたくなる衝動に耐えながら、俺はティーカップを手に取った。カップがカチャカチャカチャカチャと小刻みに鳴っている。うおおおお。俺も落ちつけ。


「くすん。ひどいです、ホズミくん。見るだけ見て、あとは知らんぷりですかぁ?」
「おい、やめろ。その言い方、まるで俺が遊び人みたいじゃねぇか。それより、そんなことを言うのなら、速やかに服を着ろ」


 てか、「やるだけやって」なら遊び人だけど、「見るだけ見て」だと、なんだか俺が覗き魔みたいで凄まじくかっこ悪い。本当にやめて欲しい、その言い方。もしこいつがマーシア伯爵夫人だったりしたら、《ピーピングオト》と書いて《覗き魔》と訳されちゃったりするのかな? 自分の名前が後世まで覗きの代名詞にされるなんて耐えられねぇ。トム、尊敬。


「そうやって責任逃れをするつもりですねぇ?」


 無敵さんがにょる、と顔を上げた。いや、このオノマトペがおかしいのは分かっている。しかし「にょる」としか俺には形容出来ないのだ。あれほどキラキラと輝いていた大きな瞳は、もう通常に戻っている。漢数字の一の目だ。それ、ホントに見えてんの?


「責任逃れとかおかしな言いがかりをつけるんじゃない。仮に俺が無敵さんの裸を見ていたとしても、それは望んだことじゃあない。もし責任の所在を問うのであれば、それはお前のバスタオルの管理についてになるはずだ。俺が責任を問われる筋は、どこにもない。そもそも、なんで学校休んだお前が、こんな朝っぱらから呑気に風呂なんか入ってんだよ?」


 ついでに言えば、外でベビーカーをぶん投げて、にゃんこを救ったりもしている。が、そこはとりあえずノータッチ。あれもこれもと追求すれば、話しがややこしくなるからな。
 無敵さんが元の地味な子に戻ったおかげで冷静さを完全に取り戻した俺は、バスタオルにまだ覗く胸の谷間から強固な意志力で目をそらし、容赦なく反論を展開した。完璧だ。これだけ正しい論理なら、無敵さんも何も言えまい。やはり、俺は正しいのだ。それも、常に。
 俺はそうやって挑まれると、反撃せずにはいられない性質なのだ。目には目を。歯には歯を、とは人を裁く時には罪と同等の罰を与えよというモーセの律法だが、俺はバビロン人ではないので当然そんなものには従わない。「もらったものは倍にして返す。なんなら利子までつけてやる」。強いて言えば、それが俺の律法だ。


 と、気付けば俺は、またしても無敵さんと論戦するはめになっていた。頭の中で鳴るゴングが、第二ラウンドの開始を告げた。





「豆腐メンタル! 無敵さん」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く