話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

豆腐メンタル! 無敵さん

仁野久洋

二日目欠席入浴中⑦

   *   *   *


「さて」


 俺は気合いを入れて目の前にある我が家のエントランスを見上げた。ここは本町商店街の西の外れに建っている。て、なんで自分の家、つーか自分の住んでいるマンションに入るのに、こんなに気張らなきゃなんないの?


 重量鉄骨五階建て、グレーに塗られたマンションの玄関ホールは、ちょっとしたホテルのようでなかなか高級感がある。自動ドアを開けて入ったところには各部屋のインターホンが設置されており、呼び出された人が内ドアのロックを解除しない限り、中には入れなくなっている。
 高校生男子が一人暮らしをするのには、ちょっと贅沢な賃貸マンションだ。
 が、俺の住む4階はワンルーム。てか、各階に一部屋しかこのマンションには存在しない。つまり、シャトーロータスは、狭い土地に無理やり建てたような、ペンシルビルなのである。


「五階、か……」


 玄関ホールの内ドア脇に設置された、呼び出し用のボタンが並ぶパネルをじっと見る。
 ここ、実は一階から三階までは、誰も住んでないんだよな。五階に人がいるのは知っていたけど、俺、引越しの挨拶はしなかったんだ。変に仲良くなってもなんか面倒だったし。
 今、俺はそのことを激しく後悔している。ああ、あの時、そう、下見の時に、ちゃんと住人の確認をしておけば! 絶対、こんなとこには住まなかったのに!


 しかし、時すでに遅し。今さら親に「やっぱ別の部屋にする」とは言えない。俺の一人暮らしには、ただでさえ出費がかさんでいるはずなのだ。これ以上のわがままは通せない。


「はぁ。しゃーねーか」


 俺は諦めの境地に至り、ぴぃん、ぽぉーん、と五階のインターホンを鳴らした。直後。三秒くらいで返事があった。


『はぁ、はぁ。は、はい。無敵です。って、はわぁ! ホホホホ、ホズミくぅんっ!』


 やけに息が切れている。すぐに俺だと分かったのは、部屋側のモニターに映っているからだ。こんなの俺の部屋のと同じだろ。同じマンションなんだから。


「うん。急にごめん。あのさ」


 言い終わらないうちに、『ちょっと待ってて』と言われ、通話はぶつんと途切れた。無敵さんがインターホンを切ったらしい。
 そうか。息が切れているのは、さっきベビーカーをぶん投げたからだな。そして、ここまで走って逃げてきた。待てよ? でも、俺を見て驚くのはなぜだ? さっきは俺に気付いていなかったってことなのか? 平日の朝、商店街にいる制服を着た男子高校生なんて相当目立つはずだけど?


「分からん。なに慌ててんだ、あいつ?」


 俺が首を捻るか捻らないかの間に、内ドアの向こうに見えるエレベーターが動き出した。エレベーター入口の上部にある階層表示が5、4、3、2……と、点灯しては消えていくのを見て、俺はそれに気がついた。
 え? あいつ、この一瞬でエレベーターに飛び乗ったってこと? なんで降りてくんの? 普通、誰か来たら、「どうぞ」って答えて、部屋で待ってるもんじゃない? なんで下まで迎えに出てくんの? これって俺だから? 俺が来たのが、あいつにとって、そんなに嬉しいことなのか?


「はっ。いや、だからって別に嬉しいわけじゃないけどな」


 うっかり緩みそうになった頬を慌てて引き締める。ついでに、わざとらしく「こほん」と咳払いまでしてみた。
 昔、うちで飼ってた犬も、俺が学校から帰ると大喜びで玄関まで迎えに来てくれたっけ。パピヨンのラッシーくん。可愛かったな、あいつ。二年前に死んじゃったんだけど。
 などと切ない思い出にほんの少しだけ浸っていた俺だったのだが、一階に到着したエレベーターのドアが開いた瞬間、そんなものは吹き飛んだ。


 なぜなら。


「ままま、待たせちゃってごめんなさいっ!」
「いや、別に待ってなんて……っ!」


 なんだかデートの待ち合わせみたいな会話だな、などと思っている場合ではない。ぽーん、と鳴った軽快な音と共にエレベーターの中から飛び出して来たのは、バスタオル一枚を体に巻いただけの無敵さんだったからだ。
 ほんのり桜色に染まった細い肩、うなじ、そして、つやつやしたほっぺた。走り寄って来る無敵さんの揺れる髪からは、きらきらとしたしぶきが舞い散っている。


 なんでだっ!? さっきまで、外にいたんじゃねーのかよっ!


「きゃ! きゃああああああああ!」


 かぱ、と開いた俺の口から、女みたいな悲鳴が出た。
 俺、動揺。そして動転。


 コイツ、ホントに何考えてんのか分かんねぇ!


「しっ! 静かにしてください、ホズミくんっ」
「げぶぅっ」


 無敵さんは玄関ホールで絶叫する俺の腹部に強烈な右拳をめり込ませた。あまりの出来事に、俺は「ヤバい」と思う暇すら与えられない。すばらしく美しいフォームから放たれたパンチは、「お前、ボクサーなの?」って聞きたくなるほどのボディブローだ。
 俺も中学ではずっとサッカー部に所属していたので、細身ではあるものの、筋肉にはそれなりに自信がある。ポジションは右ウィング。名前がかっこいいのでそこにした。足が速い俺には最適なポジションだった。しかし、無敵さんの拳は、そんな俺の腹筋など「えいい! 貧弱貧弱ゥ!」とでも言わんばかりに突き刺さっている。


 げぶろぇ! 吐きそう!


「し、静かにしてくれてありがとう。こ、こんな格好でこんなところに男の人といる所を誰かに見られたら、あ、あたし、もう、お嫁に行けなくなるかもって、思って。じゃ、じゃあ、あたしの部屋へ、どどどど、どうぞっ」


 腹を押さえて足をぷるぷると震わせる俺に、無敵さんは照れながら促した。
 静かにしたんじゃねぇ。お前が静かにさせたんだろーが! ダメージが足にきたなんて経験、初めてしたぞ! それが女子のパンチ一発でなんていう、一生誰にも言えないような秘密までプレゼントしてくれやがって!


「あれ? ホ、ホズミくん、もしかして緊張してるんですかぁ? やだ、大丈夫だよ。うち、あたし一人しかいないの。一人暮らしなんだ、あたし」


 俺が震えて動けない理由を、なんだか自分の都合のいいように解釈した無敵さんは、俺の手を取りエレベーターまで引いてゆく。
 あああああ。痛いけど手が湯上りであったか柔らか気持ちいいのに一歩動くたびに吐きそう。もう俺の思考はめちゃくちゃだ。ふわんと鼻腔をくすぐるシャンプーやらボディソープやらのフローラルな香りは、俺の脳を痺れさせた。


 と、ここでようやく重大な事実に気付く。無敵さんが、一人暮らしだということだ。俺は今、バスタオル一枚巻いただけの女子に手を引かれ、他には誰もいない部屋、この場合、密室と言い換えてもいい場所へと、誘われているわけだが。


 これ、結構まずくない? いや、もちろん性的な意味でだけど。待て待て。相手は無敵さんだから。地味で変態で面倒くさくて何を考えているのか一切理解出来ないやつだから。同じ言語でコニュニケーションが取れるというだけで、俺とは何もかもが相容れない人間の女性型生物だから。


 でもそれ、肉体はちゃんと女してるってことじゃんか!


 八月一日於菟、十五歳。高校一年生の春。俺の理性が、試されようとしていた。こんなん、ラブコメ神の暇潰しだろうけどな!













「豆腐メンタル! 無敵さん」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く