話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

豆腐メンタル! 無敵さん

仁野久洋

八月一日留守無敵⑨

 ――その後、入学式は三十分遅れで執り行われた。原因は、我が一年三組が入場に遅れたせいである。
 俺が大泣きさせた無敵さんは、結局クラスの女子が総動員で宥めすかし、なんとか教室に収容された。大混乱に陥ったクラスの体勢を留守先生が立て直すのに、ちょうど三十分を要したというわけだ。
 後で聞いた話によると、留守先生は入学式終了後、校長室に呼び出され、泣くまで説教をされたらしい。担任教諭に昇格早々、とんだ大失態を晒したものだ。留守先生には、同情を禁じ得ない。


 だが、まだだ。まだまだだ。俺たちの物語は、これからどうしようもないほどに、青春と呼ぶにはあまりもアレな感じになってゆく。全くもって、不本意ながら。
 もしも俺がこの物語の主人公だったとしたら、これは多分、ラブコメと呼ばれることになるんだろう。入学初日の出来事で、もうその路線は確定だ。俺にはそうとしか思えない。


 この時点で、もう嫌な予感しかしなかった。
 なぜなら。
 ラブコメの神様は、みんな「バカなの? 死ぬの?」と言われるほどにアレだから。奴等は絶対に遊んでいる。奴等の住まう天上界は、きっと平和すぎて退屈なんだろう。そんな想像が容易に出来てしまう俺って、きっと夢見がちな男の子だとか言われちゃうんだろうなぁ。厳しい人には「現実逃避するんじゃない」とかバッサリ斬り捨てられそうだ。




 ――だが。


「ねぇ、ホズミくん」
「ん?」


 入学初日の予定を全て消化し、玄関で靴を履き替えていた時だった。俺は、そいつに遭遇する。そいつは、俺の顔をニコニコと見ていた。男にしては“きれい”としか形容出来ない、ユニセックスな雰囲気を纏ったやつだった。


「ああ。確か、同じクラスだよな? ごめん。まだ、名前までは覚えてなくて」
「うん、いいよいいよ。今日は初日だもんね。気にしないで」


 そいつは笑顔を崩さず、爽やかに歌うように俺を許した。


「悪い。他のやつの名前も覚えてないし、気にしないでくれ。で、なんか用か?」


 少し待ったが、そいつは名乗ろうとしなかった。はっきり言って疲れていた俺は、先を促す。
 すぐにそいつは牙を剥いた。何の前触れもなく、それが牙だとも俺に気付かせないうちに。


「キミ、『囚人のジレンマ』って知ってる?」
「……『囚人の、ジレンマ』……?」


 これが、そいつと俺との、初めての会話だった。
 そいつの名は、《阿久戸志連あくとしれん》。
 この阿久戸が隠し持った“悪意”に、俺はまだ気付いていない。すぐに気付くことにはなるのだが、それでも遅かったと言うしかない。
 知ってさえいれば、こんなヤツとは関わらなかったはずだから。


「ふふ。無敵さんてさ、面白いよね? キミもそう思うだろう、ホズミくん」


 阿久戸の笑みが、邪悪に歪んだ。




 音も無く。
 気配も無く。
 静かに――運命は、変わってゆく――





「豆腐メンタル! 無敵さん」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く