話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

豆腐メンタル! 無敵さん

仁野久洋

八月一日留守無敵⑥

 キュキュキュ――――ッ!!


 足の回転を急停止させた無敵さんの上履きが悲鳴を上げた。リノリウムの廊下には長い緑色のスリップマークが引かれた。一年生の上履きのゴムは、緑色だ。ちなみにジャージもこの色だ。三学年三色中、一番かっこ悪い色だった。
 良し。思った通りだ。とりあえず止めることには成功したが、むわ、とゴムの焦げた臭いが鼻を突いた。バイクかこいつは。止まり方も人間業じゃないな、無敵さんは。


「なぜ?」


 急ブレーキで乱れた無敵さんの髪が、ふわりと元通りに落ち着いたところで訊ねられた。無敵さんは振り向かない。そこはもう下駄箱が並ぶ校舎玄関の手前だった。
 危なかった。外にまで行かれていたら、間違いなく余計な目撃者が増えていたことだろう。さっきまでの俺同様、窓の外を眺めているやつって多いからな。これ以上目立つのはごめんだぜ。
 さて、ここからが本番だ。とにかくこの頭オカシイ子をなんとか宥めすかして説得し、穏便に教室へと連行するとしようか。


「野生の動物は人間なんか食べないからさ。お前だって、毎日シャンプーだのボディソープだの使っているだろ? ライオンやらは、そういうのを嫌うのさ。嘘だと思ったら調べてみればいい。ライオンに食べられた人間なんていないから」


 俺はゆっくりとした足取りにペースチェンジし、無敵さんへと近づいた。コツ、コツ、と、なんだかかっこいい足音を立てる俺。
 決まったな。あとはにっこりと微笑みかければ落ち着くだろ。これでミッション・コンプリートだ。
 が、そんな俺の目論見は甘かった。


「そんなの嘘です」


 無敵さんが断言した。


「へ?」


 まさか、見破られたのか? 俺の特殊スキルの一つ、《嘘八百》が! まぁ、ただの嘘つきなんだけど。もしそうなら、俺、全然無敵さんを見切れてないじゃん(笑)。
 確かに、人間がライオンに食べられるという事故は起こっている。それも、結構頻繁に。ありていに言えばしょっちゅうだ。サーカス、動物園、そしてもちろん大自然。ライオンと人との生活圏が重なるところ、事故は必ずついてくる。


 いや、まだだ。まだ見破られたとは言い切れない。なにがなんでも説得しなければならないのだ。嘘も《リアリティ》をまぶすことで真実っぽく見えてくる。無敵さんを騙すには、もっとリアリティが必要なのかも知れない。
 俺は嘘を吐くことに抵抗がない。本当のことばかり言っていても、事態が好転した試しなどないからだ。正しい結果を導く為の“いい嘘”ならば、それは間違いなく“正義”なのだ。
 無論、それはどこまで行っても“自分にとって”ではあるが。


『ねぇ、ホズミくん。“正しい”って、なんなのかな?』
「莇、飛鳥っ……」


 無敵さんの背中に、莇飛鳥の悲しい笑顔が見えた気がした。途端に気合いが入って来る。
 もう、お前の泣き顔は見たくない。
 俺は動揺を悟られないよう、殊更に冷静さを取り繕って立ち止まった。無敵さんとの距離、およそ三メートル。一足飛びに捕まえられる距離だ。


「嘘じゃない。保存料やら着色料やらどぼどぼ使われた食品を口にしている人間は、野生動物からすれば有害食、いや、毒だと言っても過言じゃない。生存本能の研ぎ澄まされた動物たちが、そんなことにも気付けないと思うのか? ライオンは、人を食べない」


 静かに、噛んで含めるように。俺は無敵さんへと言い切った。


「嘘です。例えば熊は、一度人を襲うと、次からは好んで人を食べるようになるんです。動物に比べて貧弱な筋力しかない人の肉は、きっと柔らかくっておいしくて、比較的安全に口に出来る食料なんでしょう。それはライオンだって同じはず。きっと、あたしのお肉にも満足してくれるのぉ」


 くるり、と無敵さんが振り返った。


「う、お」


 頬を上気させ、手を組んでうっとりとしている姿は、わりと、いや、結構、てゆーか、かなり? うん。なんか、可愛らしかった。俺の中で、無敵さんの“地味”という第一印象が少しだけ崩れている。
 でもこれ、ライオンに食べられているところを想像しているんだよな? がぶりと頭を齧られたり、がふがふとはらわたを引きずり出されたり。それってそんなに嬉しいの? 俺なら絶対嫌だけど。普通、みんなそうだよね?
 そう考えると、一気に無敵さんがそこらの変態なんかじゃ足元にも及ばないほどの変態にも見えてくる。
 やっぱ怖いわ、この子。あと、なんで熊のこととか知ってんの? そう考えるともっと怖い。あと、怖い。
 俺の中での無敵さん評価は、「地味→ちょっと可愛い→怖い→あと、怖い」と、目まぐるしく変化していた。


 そんなことより、俺の嘘は思いっきりばれている。俺は無敵さんを舐めていた。そう認めるしかないだろう。
 しかし、まだだ。まだまだだ。まずは初撃をかわされたに過ぎない。俺にはまだ武器がある。次で仕留める! 今度こそ見切ったぜ、無敵さん!
 俺は無敵さんのなんでか潤んでいる瞳を見つめた。











「豆腐メンタル! 無敵さん」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く