暗殺者ギルドを追放されてしまったアサシン、神によって【神器】の使い手に選ばれたので、聖女に養われながら『アサシン崩れの陰の勇者』になる
ファンタジー

連載中:6話

更新日:

暗殺者ギルドを追放されてしまったアサシン、神によって【神器】の使い手に選ばれたので、聖女に養われながら『アサシン崩れの陰の勇者』になる

  • あらすじ

      幼少の頃から暗殺者ギルドに〝最強の暗殺者〟として育てられた少年ラクーン。
      彼は若いながらに凄腕の殺し屋として認められ、『狂犬』と呼ばれ恐れられていた。
      しかしギルドマスターから疎んじられていた彼は、とある暗殺に失敗したことを口実に暗殺者ギルドから追放されてしまう。
     
      だがギルドから追放された直後、彼は神々の代理者によって【神器】の使い手に選ばれ、ランク〈D〉の【ダークナイフ使いの勇者】となる。
     
     
      暗殺者という生い立ちにも拘わらず【勇者】となったラクーンだったが…………彼はそもそも、世間一般で言う【勇者】という存在を知らなかった!
     
     
     「【勇者】? 【勇者】ってなんだ? 俺は暗殺者なんだが」
     
     
      特殊すぎる育ち故に、暗殺者以外の生き方がよくわからないラクーン。
      そんな彼の下に【モーニングスター使いの勇者】であるシスター・リリーが現れ、共に魔族と戦ってほしいと願い出る。
     
     
     「悪いが、俺は殺し以外の生き方を知らない」
     「で、では、私が教えてあげます!」
     「それに殺し以外知らないから、普通の生活も出来ない」
     「な、なら、私が貴方を養ってあげます!」
     
     
      紆余曲折の果てに、リリーと同居&養われることになったラクーン。
     
      だが、この時はまだ誰も知る由もなかった。
      最低ランクの【神器】を持つラクーンが、いずれ【聖剣使いの勇者】を超える最強の【神器使い】となることに……。
     
      これは暗殺者としてしか生きられなかった少年に、初めて〝守りたいモノ〟が出来る物語。
     
      ※50話まで書き上がっているので一気に上げていきます。カクヨム様・ノベルバ様にも投稿しております。
     
       タイトル&あらすじ変更致しました。旧タイトル『アサシン崩れの格下勇者でも ~暗殺者ギルドを追放されたアサシン、神に選ばれて聖剣勇者よりも強い陰の勇者になる~』

「暗殺者ギルドを追放されてしまったアサシン、神によって【神器】の使い手に選ばれたので、聖女に養われながら『アサシン崩れの陰の勇者』になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品