付与師とアーティファクト騒動~実力を発揮したら、お嬢様の家庭教師になりました~

わんた

第10話 刺青

ノト村が見えなくなるほどの距離までおびき出すと、先ほどまでいたところから剣撃が聞こえ始めた。奇襲部隊がオーガーへの攻撃を開始したのだろう。ときおり魔術の攻撃らしき爆発音なども聞こえてくる。戦闘領域は、オーガは防御型の結界の範囲から抜けてしまったのだろう。奇襲部隊の戦力は十分。特殊個体の援護さえなければ、すぐにでも討伐は終わるはずだ。


そんななか、僕たちは街道の中心で立ち止まり、兄さんが先頭となって攻撃型と対峙している。攻撃型の少し後ろには防御型がツノを赤く光らせながら結界を発動し、待ち構えている。


魔術を何度も打って分かったけど、「結界の膜に触れると魔術的な効果が無力化される」ようだ。膜の内側にさえ入ってしまえば、魔術で攻撃することはできる。ただ、仮に攻撃したとしても、叩き落される可能性の方が高いだろう。別働隊が奇襲する予定だし、無理をして攻撃する必要はない。


そんなことを考えていると、街道の脇の森林からも剣撃や爆発音が聞こえてきた。特殊個体を襲う予定だった別働隊が逆に奇襲されている!


「兄さん! 別働隊がこないかもしれない!」
「わかってる!」


今の会話が引き金となって、攻撃型が大剣を振り上げ、兄さんを叩き潰すように振り下ろす。その腕力だけで第一次討伐隊を壊滅させたオーガーだ。普通では避けられないスピードと、バックラーで受けきれないほどのパワー。兄さんが叩き潰されてしまう幻覚を見てしまうほどの、圧倒的な攻撃力だった。


「あまい!」


兄さんだって伊達に、死亡率が高いハンターを何年もやっていない。バックラーで剣の腹を叩いて軌道をそらして受け流すことで凌いだ。いくら《硬化》《衝撃吸収》が付与されているからって、普通のハンターなら受け流すことなんてできなかっただろう。さすが、戦闘能力だけは上級ハンター並みと言われるだけはある。


必殺の一撃が決まらなかった攻撃型は再び苛立ったようで、地団駄を踏む代わりに剣を振り回している。単純に振り回すだけでも僕のところまで余波が届くほどだけど、先ほどより威力が落ちている。


振り下ろされた大剣はバックラーで受け流し、頭を狙った横薙ぎの攻撃はしゃがむことで回避している。さらに空きが出るロングソードで突き軽傷を負わせている。力任せの攻撃を、今まで培ってきた技術と経験で翻弄している。


別働隊の援護が期待できない今、僕たち見ているだけではなく、反撃をしなければならない。エミリーさんが魔術、ナナリーさんが弓で攻撃をし、ダモンさんが二人の護衛として盾を構えている。話に聞いてた通りの必殺の隊列だ。


攻撃型が剣を振るタイミングで弓が腕に当たるが、肉体も強化されているのか矢が直撃しても、奥深くまで刺さることはなかった。《土槍》の魔術も同様で、数センチ刺さっただけで、大きなダメージを与えることはできなかった。


僕もみんなに合わせて援護しようとすると、防御型が動き出したのが視界に入る。先ほどの攻撃型と同じく、持っている槍を投げようとしていた。この狙いは……兄さんだ! 他の人の意識は攻撃型に集中しているので、防ぐとしたら僕しかいない。


状況を理解すると、命の危険を顧みず、兄さんの前に飛び出した。


「兄さん僕の真後ろにきて!」


僕の声が届くとすぐにバックステップで距離を取り、前に出ようと走っていた僕と入れ替わる。二体のオーガーは攻撃の手を止めて、僕の方を見つめると思った次の瞬間、攻撃型は再び攻撃しようと振り上げ、防御型は助走をつけて槍をこちらに向かって槍を投げてきた。


それに慌てることなく、右手を前に出し魔力を通す。


すると僕の右腕から手首にかけて刺青として刻み込まれた魔術陣が浮かび上がり、半円結界が前方に三重になって浮かび上がる。それと同時に大剣が頭上に落ちてくるが、結界に当たると、激しい金属音が鳴り響き大剣を弾き飛ばす。さらに、投擲された槍も結界の形にそうように軌道が変わり、攻撃をしのぐことができた。


さらに左手を前に出してワイバーンの皮で作ったグローブに刻み込んだ《魔力弾》の魔術陣を起動する。すると左手から、青く輝く魔力の塊である《魔力弾》がマシンガンのように、次々と攻撃型と防御型に向かって飛び出す。付与魔術の最大のメリットは、魔術陣に魔力を込めれば即時に何度も魔術を放つことができることにある。さらに、常時発動型であれば、魔力を込める必要すらない。


先ほどはなった《魔力弾》では、大したダメージは与えられなかったけど、さすがに前に出ることはできなかったみたいで、後ろに下がって僕たちから距離をとった。


「クリスその腕どうした?」


どうしても気になるようで、睨み合っているすきに信じられないといった顔で質問された。その目線は、服の袖から見える腕に刻み込まれた魔術陣を見ている。


「原理は兄さんのバックラーと同じだよ。モノに付与できて、人体に付与できない理由はないからね。素材が足りないから右腕にしかないけどね」


魔術陣・付与液。この二つがあれば生物にも付与することが可能だ。今までは、気化防止液が存在しなかったので、誰もやらなかっただけだで発想自体は珍しくない。
参考になる文献は沢山あり、すぐに実現することができた。


「お前……。墨の代わりに付与液を使って大丈夫なのか?」


「さぁ? 人体に永久付与した前例がないからわからないよ。それより距離が開いたから、大きめの魔術で攻撃型を仕留めるよ!」


そういってからミスリル性のペンを取り出してから、ありったけの魔力を左手に回し、そのままペン先にまで移動させる。《氷剣》の魔術文字を二つ書き、魔術陣化して連結させる。


「うそ……魔術の連結なんて……」


離れたところにいるエミリーさんの声が聞こえるが、小声だったので何を言っているのかわからない。
魔力が気化するまでの間に、全てを書き上げなければならない。一つのミスも許されない作業を迅速に進めて魔術陣が完成した。


「僕の得意な魔術だ。これでもくらえ!」


魔術陣から全長八メートル、幅四メートルの大剣が出現すると、ロケットのように勢いよく飛び出す。結界の膜を突き抜けて、攻撃型に向かって一直線に進む。迎撃しようと大剣で受け止めようとするが、大剣が粉々に砕け散り、胸に吸い込まれるように《氷剣》が突き刺さり、両断した。


「相変わらずすげえな。最初からこの魔術を使えばよかったんじゃないか?」


魔力が切れかけて呼吸が荒くなり、めまいも始まり膝をつく。青く光っていた右腕に刻み込んだ魔術陣も、今は沈黙している。


「……無茶言わないで……一回限りの攻撃だよ……外したら後がない……」
「そうか……」


空中に書いた魔術文字が気化するまでの間に魔術陣を作成し、確実に当てなければならない。相手の能力や性格が分からない状態では使いたくない。さすがに無茶な注文だ。


「兄さん……防御型……の……処理は頼んだよ」
「クリスはよくやった。後は任せな!」


防御型は一定レベルの魔術を無効化する結界を除けば、通常の個体より少し力が強い程度だ。兄さんたちのパーティなら問題なく撃退できるだろう。そう考えながら意識が遠のき、僕は気を失ってしまった。


僕が気を失った直後に、デューク騎士隊長とリア魔術師長が率いる部隊が突撃をして、兄さんたちが戦う前に防御型はあっさりと倒されてしまったようだ。


こうしてオーガーの特殊個体にまつわる一連の事件は、無事に幕を閉じた。

「付与師とアーティファクト騒動~実力を発揮したら、お嬢様の家庭教師になりました~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く