ドラゴンさんは怠惰に暮らしたい

わんた

深夜のご飯

 歩きながらお互いに自己紹介をする。少女――神宮寺風音は、なんと正真正目の17歳。女子高生だった。そうすると少し困ったことになる。世の中には青少年保護育成条例というものがあり、18歳以下の深夜外出を規制しているのだ。

 悪い大人から守るために作られた規制であり、本人の同意があったとしても保護者の同意がなければ、警察に見つかったらアウトだ。

 さて、どうやって誰にも見つからずに飯を食べるか?

 タクシーで俺の家に行くのはダメだ。彼女に無用な不安を抱かせてしまうし、何より本当に言い逃れが出来ない。浅はかで、人としてありえない行動だ。

 とはいえ、繁華街にあるファミレスへ入れば通報待ったなしだ。風音は制服のままだからな。

 そこで俺は第三の選択肢として、職場に戻ることにした。

 公私混合? ふん、本部にバレなければ問題なし。すでに閉店の準備は終わり、全員帰っているはずだ。目撃者はいない。

 裏道を歩けば警察と遭遇する可能性は低いし、この方法が最善だ。

「居酒屋に案内する」

「え? でも……」

 前に追い出されたときの記憶が呼び戻されたのだろう。
 大丈夫なの? と、言いたげな視線を投げかけてくる。

「俺は店長だからな。それに、閉店しているから文句を言う客はいない。安心しろ」

 一瞬、顔に警戒心が浮かんだが、すぐに消えた。
 俺が子供に手を出すなんてありえないから、余計な心配だといいたいころだが、信頼関係が築けていないので、言葉にしても無駄だろうな。世の中諦めも必要だ。

「こっちだ」

 着いてこなければ、それでも構わない。一人先頭を歩いて前に進む。

 数歩離れた位置から足音が聞こえてくるので、俺を信じることにしたようだ。これだけ離れていれば、言い逃れも容易だろう。珍しく予定通りに進んでいる。

 先ほどよりさらに暗い路地に入り、道端で寝ている酔っ払いを通り過ぎた。
 喧嘩をしているような声が聞こえれば、道を変えて進む。雑居ビルの非常用階段を上がると、ようやく裏口に到着した。

 ポケットから鍵を取り出し、ドアを開ける。
 ギィとさび付いた音とともに、ぬるい風がほほをなでた。

「店の奥に座敷があるから、そこで待っててくれ」

「こういったお店に入るの初めてです。三田さんは、これからどうしますか?」

「料理だよ。安心しろ、君には小汚い店に見えるかもしれないが、ちゃんとしたメシは出すから」

 思わずもれてしまった嫌味な言葉に気まずくなり、返事を聞かずに立ち去る。
 前途有望な子供に嫉妬してしまうとは、我ながら情けない。俺が輝くような人生を送っていないのと、彼女が中流家庭以上の生活をしていることと関係ないのにな。

 キッチンは丁寧に清掃されれていた。洗い残しの皿はないし、ごみも捨て去れている。バイトの皆は店長不在でも仕事をこなしてくれたのだ。

 さて、何を作ろうか。

 女性だし、深夜だから、脂っこい食べ物は避けるよう。焼いたホッケと白米、味噌汁、ついでに温野菜でも作れば良いか。
 量は少なめにする。足りなければ、また作ればいいからな。

 居酒屋のメニューは何度も繰り返し作ってきた。目を閉じてでも問題ないくらいにだ。手早く作り終えるとお盆に載せて、座敷のある部屋へと向かう。

「待たせたな」

「いえ、ありがとうございます。美味しそうな匂いですね」

 ここにきて、ようやく神宮寺の笑顔を見た気がした。
 普段接客しているのと同じ動作で配膳をする。

「オレンジジュースはおまけだ」

「ありがとうございます」

 俺が正面に座ると、小さく「いただきます」とつぶやいてから食事が始まった。魚をキレイにほぐず箸使から見ても、育ちはは良いのだろう。
 小さい口に運ぶと、顔がほころび、作った者の心を満たす。

 お互いは無言のまま、時折、食器の音がこだまする。

「これだけは聞いておきたい」

 食事が半分ほど進んでから、唐突に声をかけた。
 別に虚を突きたかったわけではなく、腹が程よく満たされたから事情を聞こうとしただけだ。

「はい」

 正面に座る風音は、箸を置いてから、背筋を伸ばしてこちらを見つめる。

「別に食べながらでもいいぞ」

「ちゃんとお話したいので」

「分かった。では聞きたいんだが、君はなぜ、あんな場所にいたんだ?」

「…………抑えきれなかったんです」

 少しためらいながらも、意外なことに素直に話し始める。
 ずっと我慢して、ようやく話せるといった様子で、止まる様子はない。

「小さいころから親が敷いたレールの上を歩いてきました。今まで、それは嫌ではなかったんです。私のことを考え、時には意見を取り入れてくれたので。でも、つい最近、婚約者といわれて男性を紹介されたときに、気づいてしまったんです」

「気づく?」

「はい。この男性と結婚させるために、ここまで私を育てたんではないかと」

 政略結婚? テレビで女性の権利を叫ぶ、この現代に? まったくもって、時代錯誤な考え方だ。普通は考えられない行為……だが、上流階級の方々にはありえるのか?

 政治家の発言を見ると、感覚がおかしいと首をかしげることも多い。持っている利権、資産、権力を維持するために、一般常識では考えられないことをする人がいても、まぁ不思議ではない。

 と、すると、正座をしてまっすぐに見つめてくる風音は、想像していた以上に上流家庭の生まれかもしれない。

 おいおい、そんな人物を深夜に引きずり回したと分かれば、職務質問レベルじゃ終わらないぞ。

 俺なんか、上流国民様にとって、道端に転がっている石ぐらいの価値しかないからな。

「結婚するにしても、せめて初恋ぐらいはしてみたい。そう思ったら、感情が抑えきれなくなって……いつの間にか家を飛び出して、あそこにいたんです。これから、どうすればいいか分からなかったので、三田さんに拾ってもらって安心しました」

 随分と真っ直ぐな性格に育っているじゃないか。これが育ちの良さってやつなのか? 生まれも底辺の俺にはよく分からない。

 だが、まぁ、悪い男に捕まる前に発見できてよかった。こう、無防備な子を見ると保護欲に駆られるのは、年をとった証拠なのかな。

「朝まで過ごしてもいいが、どうする?」

「それは……」

「俺のことは気にしなくていい」

 無言のまま数秒経過すると、風音は自らの判断で答えを出した。

「逃げても何も解決しませんので、ご飯をいただいたら両親に電話します」

 腹が満たされ落ち着けば、当然の結論だな。
 ここに住む! と言われなくて安心した。

「それから私の気持ちをきっちり伝えたいと思います」

 親と正面から戦うことを選んだのか。強い子だ。俺が高校生の頃なんて反抗期だったからな、会話などほとんどなかった。

 二人とも死んでしまったので、今となれば後悔ばかりが押し寄せてくる。

「それがいい。話せるときに、話しておけ。メシを食べたら親に連絡をするといい。」

「はい」

 自分ではできなかったことを、他人に押しつける、自分に重ねてしまう人の気持ちが分かった気がした。年寄りがお節介になるはずだ。

 そてにしても本当に動作が洗礼されている。お手本のような動作は、見ていて気持ちがよい。見入っていたら、いつのまにか米粒一つ残さずに、食べ終わっていた。

「料理ありがとうございました。美味しかったです」

 箸を置いて、両手を合わせて礼をする。
 厳しくしつけられたのだろうと思わせる所作だった。

「おう。片付けてくるから、電話でもしておくんだ」

「はい。その前に、一つだけお願をしてもいいいですか?」

 思いもよらぬ質問に、膝を立てた中腰の状態で止まる。
 脳内に質問される内容がいくつか思い浮かぶが、現実味がないので却下していく。

 俺と彼女は今夜限りの関係だ。どう考えてもたいした内容ではないだろう。
 不審に思いながらも、断る理由はないので無言でうなずいた。

「連絡先を交換してもらえませんか?」

 は? こいつは何を言い出すんだ?
 いくつもの偶然が重なって出会っただけの男性に、普通、連絡先を聞くか?

 ありえない。JKとおじさんの組み合わせは、ドラマやアニメだから成立する。ようはフィクションなのだ。現実では、疎まれ、蔑まれる。それが当たり前だと、そうでなければ、納得がいかない。

「俺……と?」

「はい」

 もう一度聞き返すが、どうやら間違いないようだ。

 どうして今になって、そんな都合のよい展開が訪れるのだ。退院したときとにも感じたが、人とのつながりができることは、ありがたく、嬉しいことだが、なぜ手遅れになってからなんだ。

 ここで叫びたくなったが、理性を総動員して唾と一緒に飲み込む。

「落ち着いたらお礼をさせてください……あと、こうやって話せる人が、いないので……ご迷惑でなければ……」

「断る理由はないな」

 深く息を吐いてから、ポケットに手を突っ込む。
 お互いに携帯電話をだして、連絡先を交換。フレンドリストに初めて、プライベートで関係を持った人の名前が表示された。

「意外と簡単に手に入ってしまうものなんだな」

「え?」

「それじゃ、皿を洗ってくる」

 ずっと、フレンド一覧に友達が表示されてほしかった。なんて、言えるわけがない。

 ごまかすように食器をお盆に入れると、そのままキッチンに向かって歩き出す。

「いってらっしゃい」

 もう何年ぶりか分からないほど、懐かしく、心が温まる言葉をもらい、俺の人生も捨てたものではないなと、思えてしまった。

「ドラゴンさんは怠惰に暮らしたい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く