絶滅危惧種のパパになりました………~だから、保護して繁殖をしようと思います~

ブラックベリィ

0208★白夜は無意識に依存する

 本人に自覚は無いが、皇太子としての日々の責務に、飛翔族の翼に潜む祈願成就の《力》を狙われ、敵に追われ、独りで行動していた為に、転生前には心休まる時が無かった為だ。

 それが今は、転生の為の術を施した卵の誕生前から、絶対の庇護を与えてくれる【守護者】としての神護が側に居て、常に護ってくれているのだ。
 白夜は、無自覚に、依存する心地よさに浸っているのだった。

 だからと言って、神護がそれを負担に思うことは無いのも確かなことだった。
 神護は、無自覚だが、手の中の庇護対象が最近自立傾向にあり、手が掛からなくなって来た為に、寂しかったのだ。
 母親が植物人間状態になってからは、幼い弟妹を護り育ててきただけに………。

 言葉は、悪いが、寂しい者同士の依存も確かに存在していた。

 だから、幼い仕草で抱っこをねだる白夜の可愛らしさに、神護はついつい甘やかしてしまうのだ。
 そして、今もまた………。

 「父上 今度は 少しだけ あちらの方に行ってみませんか?」

 楽しげに蒼銀を帯びた、純白の翼をぱたつかせたのが、頭から被せたマント越しに判り、神護は微苦笑する。
 そんな神護の髪先をクイクイと引きながら、礫砂漠れきさばくの方を指差す。

 「あぁ……そうだな、そろそろ礫砂漠れきさばくの方に進路を向けるか
  砂漠の旅もイイかもなぁ~………そんじゃぁ~……とりあえずは
  白夜と同種族のが捕らわれている、国でも探してみるか?

  まずは、そうだなぁ………たしか、紅い髪のグレンだっけか?

  彩湖さいこ王国の東の端美里みさと街とかいうところに行って
  そこに、本当にグレンが居るかどうかを、確認してみるか?

  グレンが、そこに居るならば、この俺がどんな手段を使っても
  かならず取り返してやろう」

 力強くそう言う神護に、白夜は《力》を発揮できない脆弱な身体の自分を少し寂しく思いつつも、嬉しそうに頷く。

 「はい 父上………」

 そう答えてから、白夜は無意識にうなだれる。

 「どうした?」

 神護はそれに直ぐに気付き、心配そうに問い掛ける。

 「………」

 「ぅん?」

 少しためらってから、白夜は神護に言う。

 「禁断の【転生術】を使って生まれ変わった この私を 弟は
  グレンは きちんと認識してくれるでしょうか?」

 心配そうに言う白夜に、神護はくすっと笑う。

 「大丈夫さ……白夜の弟・グレンは、きちんと見分けてくれるよ
  それよりも、取り戻した時に、心配しなきゃなんねぇーのは
  グレンが、自分も【転生術】したいとか言い出すことかな?」

 「えっ?」

 何で?という表情の白夜に、神護はクスクスと笑う。







「絶滅危惧種のパパになりました………~だから、保護して繁殖をしようと思います~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く