絶滅危惧種のパパになりました………~だから、保護して繁殖をしようと思います~

ブラックベリィ

0164★ヒリュオンの子供の名前を考えよう


 白夜の言葉に頷いて、言葉を続ける。

 「そういう小さく幼いモノを見ると、こころがなごむんだ
  そう、こころが温かく癒されるんだ」

 神護のセリフに、白夜は良くわからないという表情をする。

 「まぁ……飼う習慣がないなら……わからない感情かもな………

  とりあえず、ヒリュオンだっけか…どう見ても、子供だからな
  しばらく面倒をみてやるか?」

 神護の言葉に、子供のヒリュオンを不憫に思っていた白夜は、素直にコクコクと頷く。

 「はい せめて もう少し このヒリュオンが成体に近付くまで
  それに ヨーテ達に襲われて かなり傷付いているようですから」

 「そうだな……《治癒》……」

 白夜の言葉に頷き、傍らでうずくまるヒリュオンに、神護は詠唱破棄で《治癒》をかけてやる。
 ヒリュオンは《治癒》を施され、ビクンッとしてから恐る恐る白夜を腕に抱く神護を見上げる。

 神護は、そのヒリュオンの額に無造作に手を伸ばし、優しく撫でてやる。
 ヨーテ達に襲われたことで、全身傷だらけで、恐慌状態だったヒリュオンは、その手のひらから感じる暖かいモノに癒されて、うっとりする。

 クゥルルルルルゥ……ルルゥゥ……

 甘い声で喉を鳴らし始めたことで、ヒリュオンの子供が落ち着いたことを感じ取り、神護は腕の中の白夜に言う。

 「とりあえず、コイツを連れて歩くなら なんにしても、呼び名
  名前が必要だな 白夜、付けたい名前あるか?」

 神護からの問い掛けに、白夜は愛らしく小首を傾げる。

 〔子供のヒリュオンの名前ですか? ぅん~思いつきませんね〕

 「父上 思いつきません」

 素直にそう言う白夜に、神護はちょっとだけ苦笑いを浮かべる。

 「俺も、あまり名前付けるの得意じゃないんだよなぁ………

  でも、名前がないと不便だから……う~ん…種族名が………
  ヒリュオンだからなぁ…………」

 神護は、頭の中でヒリュオンの子供に付ける為の音を探す。

 〔さて…どうしようか?……見た目は、猫科に見えるけど
  流石になぁ……タマやマリじゃありきたりだよなぁ…

  いっそのこと…種族名から、音を取るか?
  呼び易い名前が良いよなぁ……う~ん……

  よし…音は…リオン…いや少し捩じって リオウにするか?

  あと、やっぱり【名被せ】の方が良いかな?

  と、なると…漢字は………

  リは…理…裏…李……うん…イマイチだなぁ…〕

 神護はマジマジとヒリュオンの子供を見て頷く。

 〔ふむふむ…瞳が金帯びた、深い青だから………瑠璃の璃……
  んで…オは…緒…嗚…あんま良い字がないな

  んじゃ…ちょっと変則的に、王をあてて
  ウは…宇…有…雨…うわぁ~良い字が無い

  いやまてよ、オウで探すが?
  これだと王でも黄でも桜でもあたるぞ







「絶滅危惧種のパパになりました………~だから、保護して繁殖をしようと思います~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く