絶滅危惧種のパパになりました………~だから、保護して繁殖をしようと思います~

ブラックベリィ

0124★古の女神の神殿5 孵化した子の名前はビャクヤというらしい

 神護を見上げる綺麗な瞳の色は、一見すると黒と見紛うほど濃い紫だった。

 紫紺と呼ぶに相応しい双眸の子供は、しっかりとした口調で神護に向かって言う。

 「初めまして 父上 ビャクヤ と申します」

 神護は、目をパチクリしてから、にっこりと笑い返す。

 「俺は、真城ましろ 神護しんごだ……
  よろしく、びゃくや……いや、白夜か?
  それとも、百夜? 白哉か?」

 ちょっと考える神護に、ビャクヤは愛らしく小首を傾げながら言う。

 「父上 《真名》は 名乗ってはダメです
  【名盗り】されたら 支配されちゃいます」

 ビャクヤのセリフに、神護は頭をウニウニする

 「まな? ……ぅん~……ああ《真名》か………
  【名盗り】ねぇ……そういう概念がいねんなんてないからなぁ
  心配しなくても、盗られたりしねぇ~よ………

  そういう意味で言うなら、俺は【名被せ】の民に
  なるからな……盗れないんだ」

 ビャクヤはびっくりする。

 〔父上は 伝説とうたわれる 【名被せ】の民なのか
  遠いはるか昔に 滅んだという…………〕

 そんなビャクヤに気付く余裕の無い神護は、ちょっと考えて言う。

 「そっか……びゃくやは【名隠し】の民なのか……
  だったら、被せちまえばイイな…盗られないように……
  ふむ……白哉? いや、白夜の方が良いかな?」

 ふむふむと、勝手に納得した神護は、ビャクヤに向かって言う。

 「いいか、ビャクヤ……俺が選んだのは、白い夜だ……
  これで、びゃくやと読む…ちなみに、ホワイトナイト……

  とも言って、白い騎士…ようするに正義の味方という………
  意味も含まれる……同じ音で、白哉とも書ける……
  こっちは……しろなりという意味も込められている………」

 神護が、ビャクヤを白夜と呼んだ瞬間に、全身にピリピリしたモノが走り、自分が違うモノになったことに気付いた。

 すなわち……【名隠し】の民から【名被せ】の民へと……。

 〔私は 【名被せ】の民になったのか?
  もう【名盗り】に怯えなくて良いということか?〕

 びっくり眼の白夜に、神護は優しく頭を撫でる。

 「とりあえず、よろしくな、白夜」

 その暖かい感触に、白夜はにっこり笑う。

 「はい 父上」

 転生したとはいえ、幼い身になった分だけ、思考も幼くなってしまったビャクヤ……もとい、白夜は、自分が居る場所を確認する為にキョロキョロする。

 〔ここは 女神の神殿? って 祭壇の上か……
  父上ぇぇ~ なんで こんな神聖な場所?〕

 白夜が、自分のいる場所に気付いて、驚いている間、神護は内心でかなり困っていた。







「絶滅危惧種のパパになりました………~だから、保護して繁殖をしようと思います~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く