絶滅危惧種のパパになりました………~だから、保護して繁殖をしようと思います~

ブラックベリィ

0063★《封印》されし女神の神殿・呼ばれた【守護者】


 そして、ビャクヤは、七日七夜なのかななやそのまま祈り続け、嶺鳥れいちょうの卵へと自身を写し終えたのだった。

 ビャクヤは、その元は嶺鳥れいちょうの卵で、今は自分自身の全てを入れ込んだ卵を手に取る。

 「確かに 私を感じる 成功したのか?
  これを 【守護者】に手渡し………
  無事 再誕せねば………」

 だが 卵から新しくかえるのであれば
 どうしても 幼い個体となる

 だが それは飛翔族の皇太子を探す
 あやつらの目をあざむくことができる

 そのビャクヤの思いを反映したように、銀水晶がきらめく。

 そう、祈願成就の《力》でこちらの世界に呼ばれた【守護者】が、再び降り立ったことを示す輝き。

 ビャクヤは、その卵を手に、ここまで持ってきた荷物の全てと愛剣を持って、女神の神殿を走り抜けた。

 く心のまま、女神の神殿を出て《封印》されし【竜ケ峰りゅうがみね】の森林を走り抜ける。

 わかる……彼は……こっちだ………
 このあと どうなるかは わからないが
 私は 彼が【守護者】だと 認識した

 皆の者 待っていろ 私はかならず
 【輪廻転生】して 【守護者】を連れて
 全てを取り戻す 一族を再興させる

 あの おぞましい欲望にまみれた
 黒き河の国の国王
 ジャアハード・ムハーリ・ハーリィア黒き鼠の王
 打ち滅ぼし その欲望を退しりぞけてやる

 ビャクヤは、決意を胸に《封印》されし【竜ケ峰りゅうがみね】の森林の中を走り抜けた。
 





「絶滅危惧種のパパになりました………~だから、保護して繁殖をしようと思います~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く