絶滅危惧種のパパになりました………~だから、保護して繁殖をしようと思います~

ブラックベリィ

0048★《封印》されし神殿とビャクヤ3 襲撃を受ける


 ビャクヤは、その華やかな香りを嗅ぎ取り、戦う覚悟を決めて、少し開けた地へと足を向けた。

 そして、その開けた空間へと足を踏み入れた瞬間。

 先回りしていたらしい、捕獲者達が襲って来た。

 終始無言で、明確な捕縛を目的とすることがよく判る攻撃。
 そう、ビャクヤに致命傷を与えないように、されど、その体力などを確実に削る為のモノを次々と繰り出す。

 ビャクヤは、相手に自分が、飛翔族の皇太子であるという確証を与えない為、変幻の術はかず、愛剣も出さない。

 避けられる攻撃は全て避け、弓で応戦しながら、一撃必殺の魔法を放つタイミングを見計らう。

 ひとりも逃がさない
 ここで 全員抹殺せねば

 秘されし神殿の位置を 襲撃者達に
 知られるのはマズイからな

 ビャクヤを取り囲む者達の姿は、バラバラだった。
 いかにも、麓の街の人間に見える姿から、黒き河の兵士の姿に、冒険者らしい姿、ハンターの姿の者も居た。

 だいたい 12名というところか………
 幸い 魔術師や魔法使いは居ないようだな

 だが この人数を考えると【竜ケ峰りゅうがみね】を
 張られていたということか…………

 その事実に、苦いモノを感じながら、ビャクヤは一網打尽にした者達を、一撃必殺で抹殺する大技を放つタイミングを待っていた。

 強襲した者達は、ビャクヤが飛翔族の皇子という確証は持っていなかった。

 ただ【竜ケ峰りゅうがみね】の麓の街で、不審な行動をする者が、皇子の可能性が高いということで張っていたのだ。

 そうこの【竜ケ峰りゅうがみね】が《封印》された地ということを、黒き河の国の国王ジャアハード・ムハーリ・ハーリィア黒き鼠の王は、知っていたのだ。

 だから、兵隊の中でも使い手を選んで、この場所へと派遣していたのだ。

 当然、飛翔族の王都・輝く峰へと侵攻する前にである。
 各地の、飛翔族の王族が立ち寄りそうな場所へと…………。

 だから、王都侵略には、国王ジャアハード・ムハーリ・ハーリィア黒き鼠の王配下の腕利きは、輝く峰へは侵攻していなかったのだ。

 ビャクヤも、その気配や無言で襲い掛かる者達が、かなりの使い手で有ることを肌で感じていた。
 ヒリヒリするような、焼け付くような焦燥感に、ビャクヤは舌打ちする。

 《封印》されし女神の神殿で
 早く祈りをささげて
 
 遠見で 姫達や弟達の
 無事を確認したいのに…………

 なかなか 思い通りの位置に
 全員が集まらない

 半分は 魔法の範囲より
 かならず外れている

 このままでは らちがあかない
 ふん なら 私をおとりとするか

 はぁ~… 使いたく無い手だが………
 触られるはイヤだし 気持ち悪いが
 
 このままでは らちがあかん
 仕方が無い ここはわざと

 あやつらに捕まって みせようか
 そう 完全に捕縛できると踏んで

 油断して 我が身に 
 あやつらの全ての手が触れた時

 発動するように
 巨大なサークルを張ろう

 なに そろそろ 弓の矢がつきる
 やつらは それを狙って
 いっせいに襲ってくるだろう




「絶滅危惧種のパパになりました………~だから、保護して繁殖をしようと思います~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く