この世界なら僕は変われるかもしれない。

かぐや

第2話

声の方を振り向くと男が立っていた。

 「あ、あなたは?」

 健斗が問いかけた。

 背が高く、茶色の短い髪。顔立ちは整っていて、運動神経の良さそうな、爽やかな感じだった。服装は、ゲームで出てきそうな旅人のような服装をしている。
 
 「ん?俺の名前はカリヤだ、よろしく頼む!
  ……ところでキミの名前はなんだい?変な格好をしているけれど…。」

 カリヤは健斗の服装を見た。健斗は学ランを着ている。どうやらここら辺では、制服は見かけないらしい。

 「…僕は山田健斗と言います。」

 「ヤマダケント?おかしな名前だな!どこから来たんだ?」

 「…日本です」

 「ニホン?聞いたことがない国だな…。」

 ーやはり。健斗は自分が違う世界に来ているんではないかと疑問に思っていた。見たことがない生き物、そして不思議な力を使っている男、少なくとも健斗が生きていた地球では考えられない事ばかりだ。色々と聞きたいことはあるが、まずはーー

 「カリヤ…さん、でしたよね?」

「ん?あぁ、そうだが…」

 「あの…、助けてくれて、ありがとうございました」
 
 もし、カリヤが助けに来なかったら、健斗は死んでいただろう。それに、いじめられていた健斗にとって助けてくれことは、本当に嬉しかった。

 「いや、いいさ。それよりもこの森の奥には行かないほうがいい。ここは、さっきケントを襲ってきたガルフの縄張りだ。」

 カリヤは続けて言った。

 「それに、一匹だけでよかった。ガルフは群れで襲ってくることが多いからな。今のうちに森を出た方がいいだろう。」

 そう言って、カリヤは腰がぬけている健斗に手を差し伸べた。

 「…ありがとうございます。」

 (本当にいい人だな…)

 健斗はカリヤが差し伸べてくれた手を掴み、立った。

 「よし、行こう。」

 「はい…。よろしくお願いします」

 健斗とカリヤは森を出ようと歩き出した。


 ガサッ ︎


 なにかが落ち葉を踏む音がした。

 二人は、急いでその音の方を振り向く。

 
そこにはーーー 

 
「う、うそだろ…」

 カリヤは絶望したような声で言った。健斗はこの状況• • • •に驚き、声も出ない。

 二人の目の前にはガルフがいた。それも一匹や二匹ではない。50は超えるであろう数のガルフが、二人に敵意を向けたように睨んでいた。

「この世界なら僕は変われるかもしれない。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 薊野義弘

    続きщ(゚д゚щ)カモーン

    1
コメントを書く