『経験値12000倍』チート外伝 異世界帰りの彼は、1500キロのストレートが投げられるようになった野球魔人。どうやら甲子園5連覇をめざすようです。

閃幽零×祝@自作したセンエースの漫画版(12話以降)をBOOTHで販売中

お前を甲子園に連れていく

 さらにいくつか諸々、彼らの『設定』について聞いた後、トウシに、練習試合のDVDとスコアと記録ノートを渡して、古宮はグラウンドを後にした。


 彼女の姿が完全に見えなくなってから、


「信じましたかね? 僕らのバックボーン」


 若干不安そうな顔を浮かべているツカムに、


「矛盾もスキもない。所々で違和感が匂う背景やけど、異常さを覚えるほどでは絶対にない。少なくとも、絶対に秩序は乱れへん。問題無い」


「だといいのですが」


「ぴよぴよ(160キロ超えの球をなんなく捕るツカムくんの身体設定に関しては、あの説明だと、正直、微妙な気が……)」


「ふかし扱いされるんは別にかまわん。証拠を提出せなあかん訳やないしな。ツカムの捕球能力かて、所詮は捕るだけなんやから、称賛はされても、異常視はされへん。二百キロ・三百キロならともかく、たかが160キロくらいやったら、練習しだいで誰でも捕れるようになる。そもそも、ワシ、設定的に、試合で128キロ以上の球を投げるつもりないしな」


「ぴよぴよ(本当にその球速で投げ続けるつもり? さすがに、遅すぎると思うのだけれど)」


「たかが高校生相手やで。コントロールと変化球だけで十分余裕やて。一応、球種は五つ投げられる事にしとるしな」


「カーブ、シュート、スライダー、スプリット、ナックル……でしたっけ?」


「ぴよぴよ(高校生がナックルなんて投げて秩序的に問題はないの?)」


「コントロールがつかん上、不完全やから滅多に揺れんというマイナスポイントをつける。それなら、いかにも高校生が投げそうな、ほとんどチェンジアップの意味しか持たんクソ微妙ナックルという評価を受けるはずや」


 そこまで話したところで、


「ん?」


 トウシは、グラウンドに入ってくる人影を見つけて口を閉じた。


(樹理亜? こっちに向かってきとる。何の用や?)


 いぶかしい目を浮かべたまま、


「ふたりとも、今日はもう帰ってええ。ほなな」


「え、あ、はい」


「ぴよぴよ(ん? あ、ああ……あの変な女がこっちに来ているからね。あなたも大変ね)」


「もう慣れた」


 ★


「で、何の用や?」


「今日、一緒に行動してみてハッキリとわかったけど、あの女、異常」


「そんなん知っとる。せやから監視を頼んでんねん。それ言いにきただけか? ほな、ワシ帰るけど」


「あともう一つ」


「なんやねん」


「あんた、まさか、本気で勝つつもりじゃないよね?」


「あ?」


「西教の選手を目の当たりにして、ハッキリとわかった。あそこは強い。この学校は弱い」


「で?」


「三分は悪くない投手だけど、決して最高の投手じゃない。最高クラスの選手ばかりの高校には歯が立たない」


「せやろな」


「じゃあ、どうして、西教の偵察なんて行かせた? 無意味だろ」


「おまえを……」


「え、なに?」


「甲子園に連れていく」


「……」


「そのためや」






「いや、あの、別に、行きたくないんだけど」






「それも一回や二回やない。三年間で計五回連れていったる」


「行きたくもない場所に五回も連行されるって、それ、なんのいやがらせ? あんたは何? あたしの嫌がることしかできない病気にでもかかってんの?」


 そこで、ジュリアは、深いため息をつきながら、


「トウシ、ちゃんと答えて。あんたはクソ野郎だがバカじゃない。ウチが西教に勝てない事はわかっているはず。絶対に不可能。なのに、なんで――」


「樹理亜」


 トウシは、ジュリアの目をジっと見つめて、


「これまでどおり、これからの三年間、ずっとワシだけを見とけ。お前は、ワシにとって、勝利の女神。お前がワシを見続ける限り、ワシに不可能は一つもない。ウチが西教に勝つという不可能、お前の目の前で、ワシが必ず、可能に変えたる」


「……なっ……なにを――」


「八月ごろには、取材が殺到するはずや。西教を下して甲子園に出場したチームを裏で支えた美しい原動力。絶大な力を持つ超敏腕マネージャー兼勝利の女神としてのインタビューの内容、ちゃんと考えとけや」


 そんな言葉を残して去っていくトウシの背中を、呆然とした目で見つめていたジュリアは、彼の背中が完全に視界から消えたところで、


「ばっ、バカか、あいつは!」


 真っ赤になりながら、地面をけりつけつつ、


「く、くだらんことを……バカが、ほんと、ばかが!」


 息が荒くなる。動悸が激しくなる。


「あいつは、ほんと……ほんと、もぉおおお。殺す。絶対殺す!」


 ★


(樹理亜は狂っとるけど、全体的に性能が高い。利用するとしたら、目撃者役と幸運の女神役。あいつの役目は、西教か字石に勝ったあたりで殺到するであろう取材時に、ウチの野球部の顔として表に出ること。あいつは顔がええ。美人っていうだけやなく、独特のオーラがある。デブだった頃から、独特のオーラがあったけど、痩せた今では、その輝きが完璧なものになっとる。古宮も美人やけど、あいつはサバサバしすぎとって、そういう妖艶なオーラみたいなもんはない。樹理亜は貴重な女。あの希少種がプラスの感情ではないにしても、しかし、常にワシだけを見とるというこの状況。利用せん手はない。監督兼コーチ兼キャプテン兼クローザーというワシの、完璧かつ繊細に加工・研磨された情報を上手く刷込ませることができれば、あいつの口から世間に伝わる情報が、ウチの野球部が勝ち続けるという異常性を幾許か緩和する)


 トウシは常に、すべてを計算する。


 トウシは常に、この世のすべてをコマとして見ることができる。


 不利益な事はしない。自分にとって必要だと思うことしかしない。










 これまでの人生において、不利益な事をしたのは『たった一度』だけ。
 理性ではなく感情を優先したのは一度だけ。










(当時は、あの女をかばうことに何の意味もなかった。妙な気まぐれだけで無意味に時間と労力をかけるんは最も愚かな行為、せやけど、その真理は身を持って学んでこそ価値があるから、これはこれで良し、と過去の愚かな自分を無理やりかつ無為に慰めとったけど……思わぬところで利益が出た。とことん利用して、過去を清算し、徹底的に益を得たる)


 ニヤっと笑う。
 当時もそうやって笑っていた。


 不敵に笑って、常に、何かしらの価値がある行動を見事果たしてみせたのだと、自分に対して言い聞かせ続けなければ、彼は己を保てない。


 本来ならばありえないはずの、まったく理解できない行動。わき起こった感情の謎、高次の矛盾。


 すべてを飲み込んで、彼は笑う。すべて計算通りだと。


(ワシはやっぱり完璧や)


 彼は完璧などではない。
 それどころか、これまでの人生で完璧に達成できたことなど一つしかない。


 友達ゼロ。いつもクラスでは一人。女子からは嫌われ、男子からは見下される。三分と比べれば背筋はカス。
 かっこつける必要がない家の中では、己のあまりの惨めさに泣いてばかり。
 勉強は比較的できる方だが、思考の方向性が違うので、世界を劇的には変えられない。


 人生をかけて創ろうとしたシミュレーションソフトは、不可能だと悟り、ハンパなところで投げた。


 彼が、ここまでの人生において成し遂げたことは、たった一つ。








 ―― 『一目ぼれした女の子』を完璧に守れた ――




 それだけ。


 

コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品