『経験値12000倍』チート外伝 異世界帰りの彼は、1500キロのストレートが投げられるようになった野球魔人。どうやら甲子園5連覇をめざすようです。

閃幽零×祝@自作したセンエースの漫画版(12話以降)をBOOTHで販売中

古宮 麗華



「よっしゃ。ほな、次はもうちょい……ん? なんや?」


 自分の方に向かって、ゆっくりと歩いてくる女の存在にようやく気付いた田中。


 その田中の元に、ツカムがかけよってきて、


「ヤバくないですか? たぶん、見られたんですよ。あ、しかも、あいつ、古宮麗華ですよ。マズいです。あいつ、交友関係が尋常じゃなくて、噂では、どこぞの企業の社長やマスコミ関係の偉いさんともつながりがあるとか……あ、あ……ど、どうしましょう」


「落ち着け。女子高生に球の速さの程度なんかわからへん。100キロ以上の球は、全部、『かなり速い球』としか思わへんわ。問題ない」


「そ、そうですか。トウシくんがそういうのなら間違いは――」


「ちょっといいかしら」


「な、なんや?」


「このスピードガンで計らせてもらったのだけれど、あなた、すごい球を投げるわね。素晴らしいわ。ほんとうに」


「と、と、トウシくん。女子高生ってスピードガンを持ち歩いているもんでしたっけ?」


「な訳ないやろ」


 冷静に返事をしているが、心の中では、


(この女、もしかして、ごく稀におる、野球オタクか? ……最悪にもほどがある。よりによって、そんなヤツに、試合用にスピードを調節しとるシーンを見られるとは……というか、どっから見られてたんや? 序盤の、二百キロ以上の球を投げとったシーンも見られとったら、マジで終わりや……)


「まさか、100マイルの弾丸を投げる男がウチの高校にいたなんてね。驚きだわ」


(100マイル? ……160キロ、ね。なるほど。ふむ、ふむ。驚きはあるが、現実的な範疇での反応……まちがいない。こいつ、最後の160キロの球しか見てへん。よかった、それなら、まだ何とかなる……まあ、しんどいことに変わりはないけど)


「名前を聞かせてもらえる?」


「ワタシ、ニホンゴ、ワカリマセーン。ニワトリノアシ、キモチワルイネー」


「……名前を聞かせてもらえるかしら」


(マジか、こいつ。ワシの必殺技『ヤバい奴やから関わらんようにしよう大作戦』をたやすくスルーしやがった)


 田中は、ため息をひとつ挟み、露骨に不機嫌そうな表情で、


「ちっ……田中やけど、なんか用?」


「はじめまして、私は古宮麗華。あなたを導く女よ」


(……こいつ、なに言うてんねやろ……分からんワシがおかしいんかな……)


「私の夢は、メジャーの代理人。私にすべて任せて。悪いようにはしないわ」


(代理人?)


「最初から説明した方がいいかしら。ウチの家系は、父方も母方も、全員が野球の関係者なのよ。スカウト・球団の広報・バッティングピッチャー・実況アナ・野球賭博のハンデ師に胴元」


(……最後の二人は聞かんかったことにしよう……)


「私は、そんな家で育ち、生まれた時から、メジャーの代理人になるため、決死の覚悟で自分を磨いてきた女。必ずあなたの役に立てるわ」


(古宮……ああ、なんか聞いたことある名前やと思ったら、プロ野球関係の資料で複数回目にした名前や。この女の家……若干ワシの家に似とるな。まあ、こっちは、親父と爺さんが、試合の分析を唯一の趣味にしとったぁいうだけの話やけど)


「あなたの右腕に、必ず最高の値段をつけてみせる。私に、任せてくれるわよね?」


「話を勝手に進めるん、やめてくれへん? とりあえず、ちょっと話し合おうや。まず、ワシについてなんやけど……えっと……えーっと、なんというか……」


 相手を納得させる答えを求めて頭を必死に回転させると、三分類の顔が浮かんだ。
 即座に頭の中でシナリオを構成し、


「そ、そう! ワシは、まあ、薄々気づいとると思うけど、肩・肘の浪費を防ぐために高校を捨てた投手なわけで――」


「ええ、わかっているわ。知り合いに、似たようなことをやっている男がいるから。まあ、あなたと比べれば、あっちはカスみたいなものだけれど」


(こいつ、もしかして三分の知り合いか? ……てか、カスて。あいつ、結構な原石なんやけど……)


「あっちは、無謀で愚かな選択をしているとしか思わないけれど、あなたに関しては、その行動、間違いなく正解ね。その、ありえざる右腕という至宝を、高校野球なんかで消費する意味はまったくないわ。かといって、実績ゼロではスカウトの目にはとまらない。ふふふ。安心して。あなたのメジャーへのルートは、私が全力で、完璧なモノを用意するわ」


(あかん……こいつ、人の話を聞かんタイプや……)


 トウシは、ため息をついて、


「あー、えっと……あんた、古宮さんやったっけ?」


「ええ。そうよ。古宮麗華。あなたの代理人よ」


「……一つだけ確認したいんやけど、ワシが投げとるところ、映像で撮ったりした?」


「いえ。けど、もちろん。いつかは広報用に撮らせてもらうつもりよ。焦らなくてもその辺、抜かりはないわ」


「……あ……そ」


 トウシはホっと息をつきながら、心の中で、


(せやったら問題ない……あとは160キロを人前では二度と投げんかったらええだけの話。簡単なお仕事や)


「あなたのすべてを、私に任せなさい。必ず、あなたの腕に、最高額をつけてみせる」


「あ……うん(ここはテキトーに流しておけばええ)……あんがと。じゃ、よろしく」


「ええ、末永くよろしく!」


(スピードガンの故障・不調、あるいは見間違い、思いこみ……対処の仕方はいくらでもある。ひとりに見られただけでは大した問題にはならん。こいつも、すぐに、自分を疑い始めるやろ。人間の記憶なんて日に日にあいまいになるもんやからな)


 それが、甘い考えだったという事に、彼はこの後、すぐに気付かされる。そして、長期にわたって、彼女に悩まされることになる。



コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品