話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

19話 そりゃないぜ、図虚空さん。


 19話 そりゃないぜ、図虚空さん。

(俺だけの感覚じゃなかったか……『コレ』は、この世界が『そういう特質をもつから』なのか、それとも、他に何か理由があるのか……)

 現状では、絶対に解決しえないであろう疑問を胸に抱くセン。
 そんなセンの目をジっとみつめて、黒木が、

「――それで? どうしますか?」

 そう問いかけると、
 センは、晴天の空を見上げて、

「さぁて、どうしたもんかねぇ……」

 フンワリと答えを濁した。

 『終わらない地獄』に飲まれ、
 『アウターゴッドの高み』を知ったことで、
 普段よりもだいぶ『慎重(臆病)』になっているセン。

 『可能性という言い訳』を模索しすぎて、
 『即決』を躊躇してしまう。

 『土壇場の勇気』と『努力が出来る器』はエゲつない男だが、
 『平常時の決断力』に関しては人並み以下なところがみられる。

 『軍の士気を底上げする王』としては劇的に優秀でも、
 『軍の指揮を担う将』としては、それほど芳(かんば)しくない。

 そんなセンに対して、
 黒木は、平坦な表情で、

「とりあえず、遠くにうっすらと見えている『都市』に向かってみるというのはどうでしょうか? 町を目指すのは、RPGの基本でしょ?」

「この世界がRPGなら、そうするべきなんだろうが……」

 などと、いったん、クッションとなる言葉を置いてから、

「まあ、でも、結局のところは、それがベストかなぁ……」

 などとつぶやきながら、
 センは、黒木と共に、
 遠く見えている『都市』を目指すことになった。


 ★


 『都市』を目指して、『軽く舗装されている道』を歩いていると、
 道中で、ガッツリと、モンスターが襲い掛かってきた。

「おいおい……なんか、当たり前のように、『ドラゴン』が出てきたんだけど……マジでか……」

 そのドラゴンは、まさに、『ザ・ドラゴン』といった感じで、
 『神話生物』特有の、奇妙なおどろおどろしさはなかった。

 『バスタードラゴン』と呼ばれる『最上級』のドラゴン。
 モンスターの中でも最高格である『龍種』の『最上級』なので、
 当然、えげつないほどに強力なモンスターである。

「炎のブレスか……テンプレだねぇ」

 などと言いながら、
 センは、バスタードラゴンのブレスを回避する。
 予備動作が大きく、距離があったので、そこまで難しいムーブではない。
 一般人でも、集中していれば、回避程度は普通に可能な攻撃。

(……動きを見た感じ、A級のGOOより弱そうだな……火力は、それなりに高そうだが、全体的に動きが重い……)

 装甲オバケで、パワーもダンチで、魔力も激高い……
 そんな『かなり優秀なモンスター』であることは間違いないのだが、
 しかし、スピードがたりない。

 サクっと殺してしまおうかと、
 図虚空を呼ぼうとしたのだが、

(ん?)

 そこで、センは、ようやく気付く。

(……え? ……えぇ……っ)

 図虚空を召喚できないという異常事態。
 今、この瞬間まで、『異世界転移』という緊急事態に対して戸惑いすぎて、確認を怠っていたのが致命的な仇となる。

「うそだろ?! え、マジで?! いやいやいや、図虚空さぁん! きてぇ!!」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く