話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

1話 延々に、粛々と、黙々と。


 1話 延々に、粛々と、黙々と。

 ――それから先は、総当たりだった。
 『地獄』を『殺しきるための方法』を探す『長い旅』のはじまり。

 『どうすれば、トゥルーエンドにたどり着けるのか』

 それだけを考えて、必死になって、
 『正解の道』を追い求めた。

 ありとあらゆる手をためし、
 すべての『選択肢』をつぶしていった。

 ……10周、20周、30周、

 ひたすらに繰り返した。
 同じ1週間を、
 延々に、粛々と、黙々と、

 回数を重ねるたびに、心は摩耗していく。
 『慣れ』など介在する余地はない。

 いや、もちろん、『慣れる部分』もなくはないが、
 しかし、そんなモノは、実際のところ、
 多少『手際がよくなるだけ』で、
 『心の消耗』が軽くなることはなかった。

 同じ相手に、同じ説明を繰り返す。
 フラグをたてるために、同じ行動をとる。

 夜には、アイテムを探し続ける。
 GOOを殺し続ける。

 同じことを、
 ただ、ただ、繰り返す。

 すさまじく地味で、
 だからこそ、恐ろしく辛い作業。


「……大丈夫ですか……陛下……」


 50周目を迎えた初日、
 カズナに、そう声をかけられたセンは、

「……お前は?」

 そう質問返しをしてみた。
 すると、

「……」

 数秒の沈黙を経てから、

「……正直……疲れ果てております……これは……厳しい……」

「だろうな。そうでなければ、サイコパスだ。……いや、サイコパスでも、さすがに、この状況は、しんどいだろう……この状況をしんどいと思わないヤツは人間じゃない」

 そんな会話から始まった50周目も、
 それまでと特に代わり映えすることもなく、
 最終日には、当たり前のように、
 無慈悲に、剣翼が舞って、
 普通の地獄エンドを迎える。


 すでに、精神的にはボロボロだが、
 しかし、それでも折れることなく、
 センは運命に抗い続けた。

 60周、70周、80周、

 繰り返した。
 ひたすらに。
 延々に。

 終わることのない地獄の底で、
 センは、あがきもがき苦しみ続けた。


「分岐になり得る選択肢は、ほぼすべて試した……」


 99周目に、センは、
 うなだれながら、

「なのに、なんでだ……どうして、何も変わらない……どうして、最後には必ず、剣翼が舞う……」

 『考え得る、ほぼすべてのルート』をためしてみた。
 だが、結果に変化はない。
 必ず、最後には剣翼が舞って、世界が終わってしまう。

「まさか、破滅エンド以外は存在しないのか……」

 だとしたら、あまりにも残酷な運命。
 滅びゆく世界の中心で、無限に、同じ時間を繰り返し続けるという地獄。

「……ふざけるな……」

 奥歯をかみしめる。
 世界をにらみつける。

 折れそうになるたびに、
 踏ん張って、抗って、立ち向かい続けた。

 その背中があったから、
 カズナも、折れることなく、今日までついてくることができた。

 けれど、


「……大丈夫……ですか…………陛下……」


 力のない声。
 顔色は蒼白。
 『肉体的な損傷がゼロ』だとは思えないほど、
 彼女の全てが、やつれて見えた。

「……お前は?」

 聞くまでもないが、
 聞かずにはいられなかった。

 カズナは、
 ポロポロと、涙を流しながら、かすれた声で、


「…………苦しい…………」


 その弱音を聞いたことで、
 センは、ハッキリと理解する。

(ああ……カズナは……もうダメだな……)


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く