話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

109話 命の華が枯れ落ちる。


 109話 命の華が枯れ落ちる。

 センエースは、『絶望に耐性がある特別な存在』ではなく、
 『誰よりも必死に歯を食いしばっていただけ』の『人間』でしかない。

 だから、ずっと、苦しかった。
 本当は、泣きわめきたかった。

 『ここまで耐えることができた』のは奇跡でしかない。
 いや、その表現は、センに対して失礼になるだろう。

 ――ただ必死に『頑張った』だけ。
 それ以外の表現はふさわしくない。

 アホほど必死に、全部を飲み込んで、
 限界を超えて、苦しみ、もがき、あがきながら、
 どうにかこうにか、頑張って、
 ギリギリのところで、耐え忍んでいただけ。



 『頑張れる』のも才能?
 ふざけるな。



 この『踏ん張り』を、この『闘争』を、この『忍耐』を、
 単なる『生まれつき』で処理しようとするんじゃねぇ。

 『この世に存在する生命全部』が『束になってかかっても太刀打ちできないほど必死』になって努力し続けた。

 その気概を、『才能』なんていう『お行事のいい言葉』でくくるんじゃねぇ。
 『生まれつき』なんかじゃねぇ。
 『そういうスキルを持っていたから』じゃねぇんだ。

 ただ、頑張っただけだ!
 誰も追いつけないほど!
 気が狂い終えるほどに!

 ただ、誰よりも、必死に頑張り続けただけだ!

 ――だから、


「……あああ
   ああ、ああ
    あああああっ、ああああ
   ああああ

 あああああああああっ!!」


 頭を抱えて、
 嗄(か)れたノドにムチを打って、
 センは、決壊した慟哭で、世界を埋め尽くす。

 ――その背中を、カズナは、黙ってみていることしかできなかった。
 投げかける言葉など持ち合わせていない。

 泣き崩れるセンの背中を見ながら、
 カズナが思ったことは一つ。

(……ただの人間だ……)

 『閃壱番』に対する認識に『決定的な齟齬(そご)』があったことを理解した。
 あるいは、いまだ拭(ぬぐ)いきれない『若さゆえの過ち』を『認めた』と言ってもいいかもしれない。

(この人は……私と同じ……ただの人間……)

 これまで、カズナは、
 センのことを、『超人』だと認識していた。
 『王』『英雄』、あるいは『怪物』。

 なんにせよ、とにかく、
 カズナは、つい数秒前まで、
 『閃壱番』のことを、
 『センエース』という『種類』の『特別な存在』だと認識していた。

 ――違う。
 人間だ。
 そこらを歩いている一般人と、
 何も変わらない、ただの人間。
 弱くて、脆くて、無様で、みっともない。
 そういう、ただの小さな命のカケラに過ぎない。

 ――ただ、誰よりも必死になって虚勢を張っていただけのチッポケな人間。

 『ソレ』が理解できたから、
 カズナは、涙を流した。

 ボロボロと、
 大粒の涙が、
 感情を食い破って、
 とどまることを忘れ、
 脱水も覚悟の勢いで、
 ひたすらに。

 ――その間にも、センは、


「あああああ、ああああああああああっっ!」


 終わらない慟哭の底に沈んでいる。
 これまで我慢していたものを吐き出すみたいに、
 全力で叫び、全力で泣いた。

 ――壊れてしまった。

 急激なSAN値の乱高下により、
 センの心は崩壊した。

 魂魄が揺らぐ。
 命の華が枯れ落ちる。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く