話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

82話 フラグとの向き合い方。


 82話 フラグとの向き合い方。

『年俸8000億でどうだ? 紅院家が抱えている【裏稼業の人間】は山ほどいて、誰もが超高給取りだが、それと比べても、頭二つ抜けている額だ。それだけ、君を高く評価していると理解してもらいたい』

「ありがたい話だが、辞退させてもらう」

『となると、君は死ぬ。その金庫は、入るよりも出て行く方がはるかに難しい。難しいというより無理だ。確実に、君はそこで死に絶えることになるだろう。君ほどのスペシャリストを失うのは本当に惜しい。考え直せ』

「心配無用。この程度で、俺は死なない」

『…………頼む。そこにあるチップだけは盗まないでくれ。それは人類の希望だ』

「最初から言いたかったことが一つあるんだけど、言っていい?」

『なんだ?』

「この金庫、空っぽなんだけど?」

『……なに?』

「もしかしたら、俺が入る前に、誰かが盗んだんじゃない?」

『ありえない……裏金庫の警備体制は完璧だ。絶対にありえない……』

「警備体制、完璧……ねぇ。現に、こうして、チップとやらが、なくなっているのにも気づいていなかったわけだが?」

『本当に、【最初からカラっぽ】だったのか? 君が盗むからカラになる、とか、そういうジョークではなく?』

「ああ。俺が来たときには、カラッポだったよ。だから、すげぇガッカリしている……いや、マジで」

『……』

「じゃ、そろそろ、俺は帰るよ。いろいろと、忙しいんでね」



 ★



 ――その日の夜、
 ロイガーを撃破した『ノゾ=キマ』に、
 紅院美麗が、

「……もしかして、あんたが噂の怪盗エックス?」

 と、問いかけてきた。
 続けて、紅院は、

「その膨大な力は……裏金庫のレアパーツを奪い取ったから……としか思えないのだけど?」

 とたたみかけてきた。
 センは、数秒考えてから、

「好きに妄想しておけばいい。怪盗エックスでも、ノゾ=キマでも、なんでもいい。ぶっちゃけた話、お前らが俺をどう思うかはどうでもいいんだ」

 『プラスの感情を抱かれないのであれば、どう思われてもいい』
 というのが正確な表現なのだが、
 そこまで丁寧な説明をする気はなかった。

 センは、

「じゃあな、ザコども」

 マイナス感情をあおる言葉だけを残して、
 その場から瞬間移動した。



 ★



 そこからの流れは、非常に機械的だった。
 淡々と、いつもと同じ流れをたどるだけ。
 GOOを倒し、アイテムを漁り、
 正解だと思うフラグをたてつづけた。

 センの視点で言えば、恐ろしく地味で退屈な作業。
 『よほど我慢強い人間でも、そろそろ発狂する』、
 そんな状況に陥っていながら、しかし、
 センは、まっすぐに、世界を睨みつけていた。

 心折れそうになるたびに、
 奥歯をかみしめて、

「……ナメるなよ……」

 『決して折れてやらない』と、
 弱い心を殺して、
 まっすぐに、前だけを向き続けた。

 そうやってたどり着いた、運命の日。
 対テロリスト用の避難訓練。

 ――このルートで、
 300人委員会は、『怪盗ノゾ=キマ』の正体を知らないので、
 当然のように、
 『あぶり出し』を謀ってきた。

 センが動かなければ、ランダムに誰かを殺す。

 非常にシンプルな策略。
 そのプランAに対し、
 センは、

(これが、フラグである可能性は大いにある……)

 そう認識し、

(……お望み通り、テロリストどもを叩き潰してやるよ……)


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く