話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

72話 壊れたウムル=ラト。

 72話 壊れたウムル=ラト。


『――【ウムル=ラト】のノーダメージ撃破を確認。【壊れたウムル=ラト】を召喚します』


 奇妙な音声が脳内に響いた。
 その直後、
 奇怪なジオメトリが空中に描かれて、
 その向こうから、

「……プハァ」

 禍々しいオーラに包まれたウムル=ラトが出現した。


「クシュー、コホー」


 完全に飛んでいる目。
 異様な雰囲気。

 明らかに『壊れている』と、一目で理解できた。


「ギャガヤガヤガァアアア!!」


 意味もなく叫び散らかすと、
 ウムルは、

「ビャァアアッ!!」

 センに向かってとびかかってきた。

 獣の跳躍。
 戦闘ではなく狩猟。

「どわぁ!」

 ギリギリのところで回避するが、
 しかし、ウムルは、すぐに姿勢を切り替えて、

「ギギギャ!」

 体を回転させながら、
 センを削り取ろうと襲い掛かってきた。

 その結果、

「ぐぁああああ!!」

 あっさりと左腕を失ったセン。

(ぐ……えぐい、えぐい……あと少し反応が遅れていたら……顔半分を持っていかれていた……)

 完全にヤバいと理解したセンは、
 いったん、距離を取ろうと、
 瞬間移動による全力緊急回避をこころみたが、


「――こ、このくそぼけ! 次元ロックを張ってやがる!」


 瞬間移動が使えなくなっていた。

(ま、マズいっ! ……どうする……ヤバい……っ)

 先ほどの『まともウムル戦』で、ノーダメ―ジ記録を出したセンだが、
 しかし、『楽勝だったか』というと、それはまた少し違う。

 『難易度の高いゲーム』で『ノーダメージ記録』を出した。
 というのが、先ほどの状況。
 つまり、肉体的ダメージはなくとも、
 普通に『肉体的な疲労』と『精神的な疲労』はたまっている。

 ウムル戦が始まる前から、
 何度も『世界の終わり』を経験したことにより、
 体力も精神も、すでにボロボロになっている。

(このウムル……強すぎる……仮に、蓮手を1とした場合……このウムルは、100を余裕で超えていく……今の俺では、勝てない……くそっ……なんだ、この糞インフレっ!)

 決断は早かった。

「もったいねぇなぁ、ちくしょう! まだ2日目なのによぉ!」

 叫びながら、センは、
 懐に忍ばせておいた銀のカギを手にとり、


(――『ノーダメでウムルを殺してはいけません』……よくわかったよ。脳に刻ませてもらう。二度と、同じ過ちはおかさねぇ)

 心の中で誓ってから、
 銀のカギを天に掲げ、



「――『俺は、まだ頑張れる』!!」



 そう叫ぶと、銀のカギが強く、強く、発光しだした。
 光が強くなるにつれて、センの意識が遠くなっていく。

 結果、次元ロックをものともせず、
 銀のカギは、時間の壁を超えていく。



 ★



 ――17日の朝。

「……くそったれが……」

 目覚めると同時に吐き捨てる。

「うっっぜぇなぁ、ド畜生がぁ……また最初から……また、黒木に同じ説明するのか……」

 頭を抱えて、タメ息をつき、

「地獄だな……」

 うなだれていると、
 そこで、電話が鳴った。

 相手は、当然、カズナ。

『陛下……なぜ、急にタイムリープを』

「……ぁ、ああ、ちょっと色々あってな……それより、また、黒木と交渉するから、セッティングたのむ…………はぁぁ…………」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く