話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

64話 強くて3週目、スタート。

 64話 強くて3週目、スタート。

 もう一本の銀のカギを手に取り、
 じっくりと観察すると、

「……存在感が増している……リミットゲージが回復した……とみて、間違いないかな?」

 そう口にすると、図虚空が、

「ああ、間違いない」

「いつリミットが切れるか、詳細、わかるか?」

「同じだな。22日の23:59」

「……減っていないか……助かった」

 ホっとしつつ、センは、

「まだ、試行回数はたったの2回だから、確定ではないが……おそらく、銀のカギは、22日の23:59がリミットで、使用すると、17日に飛べる……活動できる時間は、全部で6日」

 ボソっとつぶやいてから、
 袋の中を探してみる。
 が、もう、何も入っていない。

「持ちこせていない……ということは……やっぱり、あの黒い結晶……マジックアイテムではなく、ただの石だったか……まぎらわしい色味しやがって……」

 校舎の屋上で見つけた『黒い結晶』も、
 銀のカギと一緒に、袋の中に入れて、
 持ちこせるかどうか実験してみたのだが、
 見事に消失していた。


「……まあ、あんな用途不明な石がどうなろうが、どうでもいいけどな。銀のカギと図虚空さえあれば全然十分……」


 などとつぶやいていると、
 そこで、スマホが鳴った。

 電話をかけてきた相手はカズナ。



「……陛下、今回の初手は、どうなさいますか?」



「まず、黒木と交渉したい。今すぐだ。段取りをつけてくれ」

「おおせのままに」





 ★





 ――45分後、
 『黒木愛美』は、例の喫茶店のドアを開けた。

 喫茶店に入り、
 センの顔を見ると、
 黒木は、

「……あなたは確か、ウチのクラスの……えっと……確か……反町さん……でしたっけ?」

 その発言を受けて、センは、

(班決めのイベントを経ていないと、俺の存在は正式に認識されていない……か)

 心の中で、そうつぶやいてから、

「クラスメイトの閃壱番です。はじめまして」

「……もうしわけありません。クラスメイトの男子の名前には一ミリも興味がないもので」

 さほど『申し訳ない』とは思っていなさそうな『非常にフラット』な表情でそう言いながら、黒木は、センのトイメンに腰を落とす。

「最初に、うかがいたいのですが、カズナさんとは、どういうご関係で?」

「何度も地獄を経験した仲だ」

「……よくわかりませんね」

 怪訝な顔でそうつぶやく黒木。

 ――と、そこで、奥からマスターが出てきて、
 黒木の前にコーヒーを置いた。

「すいません、ありがとうございます」

 頭を下げる黒木に、
 会釈を一つはさんで、奥へと消えるマスター。

 黒木は、一口すすってから、

「……それで? 私になんの用ですか?」

 その質問に対し、
 センは、

「図虚空、こい」

 彼女の目の前で、右手にナイフを召喚するという行為で応えた。

 その様を目の当たりにした黒木の瞳孔が、ググっと開く。
 『シッカリとした驚愕』を、持ち前の理性と冷静さで抑え込み、

「……それは……マジックアイテム……ですね……」

「ああ、人間の科学力じゃ、物体を瞬間移動させるのは、まだ不可能だ」

「……あなたは、何者ですか?」

「5日後の22日から、タイムリープしてきた者だ、こんにちは」

「……」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く