話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

37話 このモンスター童貞は強すぎる。

 37話 このモンスター童貞は強すぎる。

 『理想の出会い』と『理想の恋愛』を妄想している、きわめて一般的な童貞。
 それが、センエース。

 ――センは『一生、独り身・童貞でいたい』というわけではない。
 彼は『孤高』を望んでいるのが、
 『恋愛を拒絶している』というわけではない。

 K5の事は普通に気になっている。
 『いい感じ』に仲良くなれるのであれば、
 それは、センとしても望むところ。

(ただ、この面倒事を処理しつくした後で、あいつらと接点とかあるかなぁ……んー、まあ、現状、何も見えてはいないけど、なんかしらが繋がって、良い感じになれる可能性もゼロではないだろう……うん、たぶん……)

 と、センは、『モンスター童貞』が陥りがちな、
 自分の恋愛が『何かしら』でうまくいくだろう、
 という、雑な未来予想図をたててしまっている。

 これが危うい。
 この思想は、未来につながらない。
 この思想でいる間、恋愛がうまくいくことはありえない。

 この思想を貫いた場合、悲劇が待っている。

 具体的に言うと、『200億1万年経っても童貞』という悲劇である。

 しかし、そんな事実に、彼は気づけない!
 彼は、もしかしたら『命の王』たりうる器の持ち主かもしれないが、
 しかし、恋愛関連においては、
 どうしようもないほど歪な『究極超モンスター童貞』でしかない!

 ――と、そこで、

(……お、いたいた)

 前方に、動く物体を見つけて、
 注視してみると、
 それは、『奇妙な化け物』だった。

 二本足で立つ『酸で溶けた犬』のゾンビのような化け物。

(特に変化は見られない……前回と同じだ……)

 観察しつつ、心の中で、そうつぶやいていると、
 その化け物は、センの方に、
 ギロっと視線を向けて、
 3秒ほどセンの全身を観察してから、

「かかか……ひどいな、貴様」

 前回と同じく、

「人間が『脆弱な種』であることは重々理解しているが……しかし、その中でも、貴様は、とびぬけて酷い……ここまでスカスカな肉体を見たのは初めてだ。貴様の生命レベルは、生まれたばかりの赤ん坊と比べても大差ない」

 などと、そんな事を口にするナビゲーション・グールに、
 センは、

「……お前、今が2周目って自覚あるか?」

 そう問いかけた。

「……? 何を言っている?」

「俺は3日後の未来からタイムリープしてきた。俺ともう一人以外に『その記憶を持つ人間』はいない。てめぇら神話生物はどうだ? 今が2周目って感覚は持っているか?」

「……どうやら、頭がおかしいらしいな。というより、私の狂気にあてられて発狂しているのか」

「……その反応……どうやら神話生物側も、記憶は失っているようだな」

 そうつぶやいてから、
 センは、右手に図虚空を召喚し、
 そのまま、
 音速で、
 ナビゲーション・グールの首をスパンと切断した。


「……ぺ?」


 何が起こったかわからないという顔をしているナビゲーション・グール。
 センは、地面に落ちたナビゲーション・グールの頭を、
 グシャっと踏みつぶす。

「あらためていうが……俺を殺そうとしたんだから、殺されても文句は言うなよ」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く