話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

31話 違和感。

 31話 違和感。

「さっさと質問に答えてくれ。このクラスに、お前の友達は何人いる?」

「……友達ねぇ……そんなにいないけど……んー、まあ、田中は友達かなぁ。正直、微妙だけど……一応、中学が同じだし。塾も一緒だったし」

 そう言いながら、窓際の席に腰かけているメガネの男子を指さす反町。

「そうか、わかった」

 そう言うと、センは、田中の席に向かって歩き、

「田中。質問だ。お前は、反町と友達か?」

「……へ?」

 またもや、当然のように疑問声を受けるセン。
 もろもろ、理由をでっちあげて、なんとか会話ができる状態にもっていくと、

「――まあ、友達なんじゃない? 中学の時、選択系の授業で、けっこう一緒だったし、家に遊びにいったことも、中2の時に、一回あるし……」

 その発言を受けて、
 センは、

(……『過去にわたっての他者との関係性』が普通に存在している……『反町の人間関係』の『不完全性』から、この状況に対して、何かしらの答えを刻むのは、厳しそうか……)

 そうつぶやいてから、
 田中に、

「ちなみに、『蓮手』って名前に聞き憶えはあるか?」

 そう問いかけると、田中は、

「……あるっちゃあるけど……逆に、なんで、『俺が、その名前を知っている』って思ったのかを聞きたいところだね。俺と、お前、話したことないよな……」

「……奇妙な言い回しだな……」

 そうつぶやいてから、
 センは、

「ちょっと整理しよう……まず、前提。田中、お前は『蓮手』の何を知っている? お前にとって『蓮手』はなんだ? クラスメイトか? 友人か?」

「今、読んでいる小説の主人公」

「……ほう」

「……『なろう』の小説で、今朝、投稿されたばかりの短編。その主人公の名前が『蓮手』。閃、お前が言っているのは、この『蓮手』のこと? もし、違うんなら、エグい偶然だな」

「ちなみに、それはどういう物語だ?」

「高校生に化けたハスターが、何食わぬ顔で高校生活を過ごすって話」

「……ちなみに、それは、最後、どうなる?」

「世界中の人間を殺して、世界を終わらせる」

「ふむ。で? その先は?」

「そこで終わり」

「……ふぅん……なるほど。非常に興味深い物語だな」

「そうか? 俺はクソつまんねぇと思ったけど」

「じゃあ、なんで、そんなものを最後まで読んだんだ?」

「そういえば、なんでだろうねぇ……」

 などと話していると、
 そこで、

 ――『聞き逃せない会話』が、センの耳に届いた。

「――罪華さん、そろそろ始業ベルがなりますよぉ。起きてくださぁい」

「ほっとけ、ほっとけ。またオバセンにシバかれたらええねん」


 そんな、黒木とトコの会話を耳にしたセンは、
 心の中で、

(……オバ……? アゲじゃなく?)

 などと、思案している間、
 つい、無意識のうちに、
 センの視線は、彼女たちを追ってしまっていた。

 その視線の動きを察した田中が、

「K5が気になる気持ちはよぉく分かるけど、あまり、ジロジロ見ていると、『親衛隊』の連中に拉致られて、コンクリ詰めにされるぞ」

 と、助言を投げかけてきた。
 その発言を受けて、センは、

「……親衛隊というか、ただのヤクザだな」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く