話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

6話 ここからは、ちゃんとテロをしていきます。

 6話 ここからは、ちゃんとテロをしていきます。

「俺は、お前以上にお前を知っている。お前ならいけると、ガイアが俺にささやく。お前に不可能はない。お前なら、神の王にだってなれる」

「なれねぇだろ。てか、なんだよ、神の王って。それ、どういう役職の人?」

「運命を調律する役職に決まっているだろ、常識的に考えて」

「……どの世界の常識だよ。てか、常識をナメんなよ、クソボケが」

 と、そこで、トコが、
 茶柱の腕を強引に引っ張りながら、

「ほんまに、もうエエから、はよいくぞ!」

「痛い、痛い、痛い! 力が強すぎるにゃ! これは、痕(あと)がのこるやつだにゃ! ひどいにゃ! これはもはや悪質なイジメだにゃ! 訴訟も辞さない構えにゃ!!」

「おう、うけてたったらぁ! 頭のデキはあんたの方が上か知らんけど、資金力で言うたら、こっちの方が確定で上やからのう! 法廷では、地獄を覚悟しとけ!」

 ピーピーとわめきながら、
 教室を出ていったK5の面々とテロリーダー。

 残されたセンたちに対し、
 同じく残ったテロリスト二名が、

「はい、じゃあ、全員、席についてください」
「ちょっとグダりましたが、ここから先は、ちゃんとテロをしていきますんで」

 その発言を受けて、センは、ため息をつきながら、

(……『ちゃんとテロをしていく』って……すげぇパワーワードだな……)

 などと、心の中でつぶやいていると、
 そこで、アゲセンが、

「あ、その前に、ガラス片の掃除をさせていただけますか」

「あ、そうでしたね、すいません」

「いえいえ」

 などと言葉を交わし合ってから、
 挙茂は、生徒の何名かに掃除するように指示を出す。

 その中にセンは入っていなかったので、壁にもたれかかって、
 クラスメイトが掃除している姿をボーっと眺めながら、

「これって、この後、救助がくるまで待つだけ?」

 と、尋ねると、蓮手も、壁にもたれかかったまま、

「たぶんな。別に、妙なイベントを挟(はさ)んでくるとかはないと思うぜ」

「これ、やる意味あるか? ただ待つだけじゃねぇか」

「そんなことを言い出したら、火事や地震の訓練も同じじゃね?」

「地震の場合だと、机の下にもぐるみたいなアクティブもあるじゃねぇか」

「でも、そのあとは、グラウンドに出て、一列に並んで、派遣された消防隊員や警察官の話を聞くだけだろ」

「……ああ、確かに。そう考えると、内容の薄さは同じぐらいか」

「――『強引に拉致られていくお嬢様』という貴重なシーンを見る事が出来たんだから、こっちの方が、内容は濃いだろ」

「あのアホが無意味にゴネて『無駄な一悶着』が起きたってだけの話だけどな」

 と、そんなことを話していると、
 そこで、
 テロリストの一人が近づいてきて、

「君……『せんいちばん』くん?」

 と、声をかけてきたので、

「いえ、違います」

「え? あれ?」

 と、そこで、テロリストは、スマホを取り出し、
 保存されている写真を確認してから、

「いや、君、『せんいちばん』くんだよね?」

「違います」

 頑なに否定を続けるセン。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く