話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

2話 『テロリストが学校を占拠した時用の防災訓練マニュアル』

 2話 『テロリストが学校を占拠した時用の防災訓練マニュアル』

「はい、全員、席についたかなー。じゃあ、まずは、今日の『防災訓練』について、簡単に説明しておく」

 そう言いながら、
 アゲセンは、冊子を配布していく。

 センは、受け取った冊子を後ろにくばりつつ、
 表紙をサっと確認していく。

(――『テロリストが学校を占拠した時用の防災訓練マニュアル』……この冊子のタイトルを読むだけで、この学校のイカれ方がハッキリと分かるな……)






 ・『テロリストを刺激しないこと。テロリストは例外なく頭がおかしいので、絶対に刺激してはいけません』

 ・『不意の事態に対し、パニックを起こすと大変危険ですので、日頃から【テロが起こるかもしれない】と思いながら生活しましょう。【起こらないだろう】とタカをくくらず、つねに、【テロられるかもしれない】と思いながら生活をすれば、ふいにマシンガンをつきつけられたとしても、冷静にことを運ぶことができます』

 ・『銃声がしたら、両手を頭の後ろにして、出来るだけ低い体勢をとること。すでに銃を突きつけられていて、【動いたら殺す】という警告を受けている場合は例外です。何があろうと、ピクリとも動いてはいけません』

 ・『決して一人で逃げようとはしないこと。背中から撃たれますし、率先して狙われます。倫理の問題もありますが、実質的な命の危険度も増すばかりです』

 ・『絶対に抵抗しないこと。ヒーローの真似事は自殺行為です。絶対にやめましょう。学校を占拠するタイプのテロの場合、人質の数には困らないため、【邪魔だ】と判断された場合、簡単に殺される可能性があります。【存在感】と【息】を殺して、救助がくるのをおとなしく待ちましょう』

 ・『泣いたり、グチをこぼしたりしてはいけません。気持ちは分かりますが、テロリストの神経を逆なでする行為です。また、嗜虐心が強いテロリストだった場合、【オモチャ】と認識されてしまい、危険に陥る可能性があります。救助がくるまでは、心を殺して、背景に溶け込みましょう』

 ・『携帯電話を手放すように要求された場合、迷わずに、所持している全ての携帯電話を差し出しましょう。決して【自分の携帯で助けを求めよう】などとは考えないように。学校を占拠するという派手なテロの場合、外部に隠し通すのは不可能です。わざわざ、あなたがリスクを冒さずとも、占拠された事実は、警察・政府・紅院家に、必ず伝わります』






 ――などと、つらつら書かれている注意事項を流し読みしてから、
 センは心の中で、

(注意事項、多いな……てか、随分と分厚いけど……これ、何ページあるんだ…………32ページ……バカじゃねぇのか、この学校……)

 『学校がテロられた時の対処方法』が、
 小さい文字で、ビッシリと、
 32ページにわたって記されているテロ対策マニュアル。

 センは、その冊子をカバンの中へとゴミのように放り投げて、
 アクビを一つかましていく。

 そんなセンの様子を見た蓮手が、

「おいおい、セン。ちゃんと読み込んでおかないと、いざという時に困るぞ」

「心配するな。もし、テロリストが攻め込んできたら、俺が2秒で殲滅してやるから」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く