話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

・エピローグ 『夢か……』

 ・エピローグ 『夢か……』


「……はっ……夢か……」

 自室で目を覚ましたセンは、
 ゆっくりと上半身を起こしながら、

「いやぁ、そうだよなぁ……夢だよなぁ……全部、夢だったんだ……俺は、ただの凡人で、怪物を殺せる力なんかないんだ……あー、良かった、よかった」

 などとつぶやきつつ、
 何気なく、スマホのスリープを解除すると、

「……あん?」

 知らない番号からの留守番電話が一件。

「……聞きたくないなぁ……」

 そうつぶやきつつ、
 録音されたメッセージに耳をかたむけると、

「話があるから、今日、学校はじまる前に、第ゼロ校舎にきてほしいにゃぁ」

「……やだなぁ……」

 心底からダルそうな声を出しつつ、
 センはベッドから降りて、
 凝り固まった肩を回した。


 ★


 相手がクラスメイトである以上、
 シカトを決め込んだところで意味はない。
 となれば、無駄に刺激しないよう、
 ある程度は、相手の要求に従っておく方が合理的。

 ――などとごちゃごちゃ考えつつ、
 指定された場所に向かったセンを待っていたのは、
 当然、K5の面々。

 彼女たちは、第ゼロ校舎の最上階で、
 高価な円卓に腰を落として、
 センを待ち構えていた。

「……おはようございます」

 とりあえず、朝の挨拶から入ったセンに、
 紅院が、

「好きなところに座って。……本当なら、玉座か、最低でも上座に座ってもらいたいところだけど、あなたはそれを望まないでしょう?」

「だんだん俺を理解してきたようだな。しかし、まだまだ足りない。まず、この俺を『呼びだす』という行為はナンセンスきわまる。今後、俺に何か言いたいことがある時は、『箇条書きのメール』で用件を伝えてくれ。返事はしないが、確認はしているから、それで満足してくれるとありがたい」

 などと、己の孤高力を全開にしつつ、
 センは、テキトーな席に腰を掛け、

「それで? 話とは? 個人的には『絶縁宣言』あたりが嬉しいところなんだが」

 などと供述しているセンに、
 まず、茶柱が、

「まず、最初に言いたいことは、『だれかれ構わず口説き散らかす』のはやめてもらいたいってことだにゃあ」

「……おい、誰か通訳してくれ。俺は、茶柱語が苦手でな。基本的に、そこのバカが何言っているか、さっぱり分かんねぇんだ」

 そこで、茶柱の専門家であるトコが、

「彼女は『だれかれ構わず口説き散らかすのはやめてもらいたい』と言うとる」

 と、丁寧に、茶柱語を和訳した。
 その結果、センは、遠い目をして、

「嫌味の一つも通らないこんな世の中じゃ……ポイズン」

 などと、全力で意味不明な言葉をつぶやくばかり。

「ミレーに対して、あんたが何をしたかは、すでに、ここにおる全員が知っとる。あんたがミレーにしたことは、口説くとか、口説かんとか、そういう領域の話やない。ほとんど異次元のプロポーズや」

「……異次元のプロポーズ……コナン映画のタイトルになりそうなワードだな(笑)」

「わろとる場合ちゃうやろ、ぼけぇ! このクソナンパ男がぁ!」

「なんでブチギレてんだよ。情緒、どうした?」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く