話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

81話 ダレカタスケテ。

 81話 ダレカタスケテ。

「ダレカ……タスケテ……」

「モロい命だ。弱さをまき散らし、他者に救いを求めるだけの無能。貴様の命には、なんの価値もない。貴様は虫ケラの中でも、特に質の低い虫ケラと言わざるをえない」

「……イタイ……イタイィ……」

「もっと哭(な)くがいい。もっと、もっと……その歌だけが、私を慰める。私は、特に傷心しているというわけでもないが、しかし、時折、無性に慰めを求めてしまう。悪い癖だ。反省、反省」

「……タス……ケ……」

「――神の慈悲――」

 気絶しそうになったところで、
 ツァールは、また、回復の魔法を使い、
 紅院の体と精神を強制的に、
 『フラット』な状態まで戻す。

「ぶはっ! はぁ……はぁ……ああ、痛い痛い痛い痛いぃいい! いい加減にしてよ! 痛い! 死なせて! お願いだから! もう耐えられない!!」


「くく、心配するな、紅院美麗。命の限界というのは、『もう無理だ』と思うところよりも、はるか先にあるものだ」

「お願いだから……やめて! 苦しい! 痛い! 壊れる! 私の全部が壊れる!」

「壊しているのだから、壊れてくれないと、なんにも面白くない」

 そういいながら、ツァールは、
 紅院の臓器をかき乱していく。

「あああああああああああっっ!!!!!」

「貴様の命に、さらなる絶望を与えよう。――神のイタズラ――」

 ツァールは、さらに、
 紅院の命を壊していく。

 魔法を受けた紅院の肉体は、
 ギュギュっと収縮していき、
 顔つきも、かなり幼いものになっていく。

「……な、なに……これ……」

 『幼児化』した紅院に、
 ツァールは、

「――『神経系統が未熟』で『絶望に対する耐性値』が最も低く、かつ、『苦痛や不安に対して過剰なほど敏感』な時期……『幼少期』にまで戻ってもらった。もっとも、『魄(CPUとハード)』を戻しただけで、『記憶(メモリ)』はそのままにしているがね」

「うぅ……うぅうう……」

 胸いっぱいに広がっていく『言語化できない不安』。
 7歳程度の幼女の姿になった紅院は、
 現状の『爆裂な激痛』と『無制限の畏れ』に、
 わずかも耐えることができず、

「――ぁっ……」

 一瞬でぶっ壊れた。

 そんな彼女の胸から手を放し、

「――神の慈悲――」

 紅院の全てを、幼女のまま『ほぼ完全に元の状態』に戻すと、

「さあ、紅院美麗。鬼ごっこをしようじゃないか」

「ひっ……ひっ……」

 脳も体も回復したが、しかし、
 『叩き込まれた恐怖心』だけは残されているので、
 紅院(幼女)は、

「ひぃいいい!」

 転びそうになりながら、
 必死になって、ツァールから逃げ出そうと走り出す。

 肉体が7歳程度に戻っているため酷く遅い。

「アレス! たすけて!」

 携帯ドラゴンに救いを求めるのだが、

「きゅ……きゅい……」

 疲れ果てているような声を出すだけで、
 特に何もしてくれない。

 実は、ツァールから拷問を受けている間、
 ずっと自動の『生命維持』機能が働いており、
 そっちに対してリソースを裂きすぎてしまったせいで、
 現在は、ただの『ハンパにデカいだけのトカゲ』になりさがっている。

「誰でもいいから、助けて! お願い! こわい! こわい! こわい!!」

 ボロボロと涙をながしながら、
 ヨタヨタ、ヨタヨタと、
 何度も転びそうになりながら、
 必死になって、ツァールから逃げようとする。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く