話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

30話 たすけて。

 30話 たすけて。 

「言っておくが、私がその気になれば、貴様など100人いても瞬殺できる。今、貴様が生きているのは、私の殺意が向いていないから。それだけ。それ以外の理由はない」

「……」

「私が望まない限り、貴様は、私に近づくことすら不可能。それが、私と貴様の間にある差。人と神の差だ」

「……」

「わかったら、黙ってみていろ」

 そう言って、
 また、ウムルは地獄を再開する。

 耳をつんざく悲鳴が響く。
 ツミカは、うずくまり、頭を抱えて、

「……どうしたら……」

 どうしたらいいか分からなくて、
 悲痛の声をもらすことしか出来ない。

 悲鳴の音量が上がっていく。
 その叫び声を聞くたび、
 ツミカは、
 自分の体が裂けていくような感覚に陥る。


「もう……やめ……ほんとに……もう……」


 終わらない悲鳴の中で、
 ついに、ツミカは、

「だれか……」

 ボロボロと、涙を流しながら、





「……たすけて……」





 言葉をこぼした。
 ツミカが、『救い』を求めたのは、
 生まれて初めてのことだった。

 『精神の痛みから涙を流した』のも、
 生まれて初めてと言って過言ではない。

 茶柱罪華のメンタルの強さは異常。
 より正確に言うのであれば、
 彼女の『プライドの高さ』は異常。

 ゆえに、彼女は、基本的に涙を流さない。
 ゆえに、彼女は、他者に救いを求めない。

 心の全てを自分の責と捉え、
 命の全てを自分の咎と捉え、

 歪みながら、
 狂いながら、

 しかし、ここまで、ずっと、
 自分の『意志』のみを頼りに生きてきた。

 けれど、暴走する。
 感情が逃げ場を失って、
 心が迷走して、
 命の器に亀裂が入る。

 だから、こぼれた。
 『彼女が口にするはずのないセリフ』が、ポツリと。

 本来ならば、『助けて』など、彼女が口にするはずがない。
 そんな、みっともない言葉を口にするくらいなら、
 死んだ方がマシだと、本気で思っているバカ女。

 それが、茶柱罪華。

 世界最高峰の『スペック』と『プライド』を有し、
 しかし、それがゆえに――というのも、おかしな話だが、
 絶対的かつ確定的な事実として、
 『数奇な運命』に翻弄されまくっている、
 どこまでも可哀そうな美少女。

 どれほど残酷な運命を前にしても、
 まるで『高貴な猫』のように、
 気高く、美しく、自由に『強すぎる我』を貫く。
 ――そんな彼女が、
 しかし、今は、

「……だれか……」

 ぶっ壊れた器に寄りかかって、
 惨めに、救いを求めている。

 ……別に。


 ――『その言葉に応えようとした』、
 というワケでも、
 実際のところは、
 ないのだけれど、

 でも。

 決定的かつ核心的な事実として、

 彼は、
 とびっきりの覚悟を謳う。







「――ヒーロー見参――」







 そんな、
 『頭おかしい宣言』と共に、
 『センエース』は、

 突如、ウムルの頭上に出現した。
 見間違えようのない完全な瞬間移動。
 亜空間を移動して、
 ウムルの死角を奪い取った。

 そのまま、重力に逆らって落下しながら、
 右手に握っている『奇妙なナイフ』を、
 ウムルの頭部へと、
 思いっきり突き刺す!


「ぅううっ、がぁああああああっっ!!!」


 激痛を想起させる悲鳴をあげると同時、

「ぐぅうっっ!!」

 『ウムルの体』がその場から、
 シュンっと消えた。

 反射で瞬間移動の魔法を使い、
 その場から退避したのだ。

 20メートルほど離れた場所に出現すると、

「っっつぁああ……くぁあ……痛っっ……たぁ……うっ……くぅ……」

 魔法で頭部の損傷を回復させつつ、
 『自分の頭部にナイフを突き立てた男』をギラリとにらみつける。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く