話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

18話 不屈の魂魄。

 18話 不屈の魂魄。

「もし、俺が不老不死だったら、その選択肢も視野にいれるが、俺は、100年前後で死ぬ。となれば、考えるべきは、100年以内にお前を殺す方法を見つけるか、もしくは、寿命を延ばす方法を見つけるか。現状、後者に着手するのは難しい。となれば、必死になって前者を追求する方が合理的」

 何も考えずに脊髄反射で『あきらめない』とわめいているのではない。
 ちゃんと、すべての前提を精査し、正面から絶望と向き合った上で、
 『それでも、あきらめてやるものか』と最後までもがき続ける。

 『極端な絶望』の『打破』を、
 『できたらいいな』と夢見るのではなく、
 『明確な目標』に据えることが出来る気概。

 それこそが、
 センエースが有するプラチナスペシャル。
 ――『不屈の魂魄』――

 どのような状況に追い込まれようと、
 決してくすむことのない、
 全世界が待ち望んだ、この上ない希望。

「ふむ。それで? 100年以内に私を殺せる手段は見つかりそうかな?」

「そう簡単に見つかったら苦労しねぇだろ! バカか! 俺の脆弱さと、お前の強さを、ナメんなよ! カスが!」

「けなされているのかな? それとも、褒められているのかな?」

「どっちでもいいわ、そんなもん! つぅか、結果、ただの自虐だよ、ボケが!」

 どうでもいいことを口にしつつも、
 頭の中は、グルグルと高速回転している。

 こういう瞬間だけは、
 かの有名な変態『田中トウシ』にも負けない速度で回転する脳ミソ。

 純粋な演算速度では、一生勝てる気がしないが、
 しかし、命の瀬戸際で瞬く光の輝度だけは、
 わずかたりとも負ける気がしない。

 ――と、そこで、
 センは、スっと、
 正統派の武を構えた。

 特殊な構えではなく、
 誰が見ても一目で『絶賛戦闘中』だと理解できる、
 パーフェクトなファイティングポーズ。

 それを見たウムルは、

「美しい武だ」

 惚れ惚れしながらそうつぶやき、
 自身も、最上のファイティングポーズをとる。

 数秒の静寂。
 夜の静けさを相まって、
 世界がイタズラにシンと黙る。

 正確な7秒が経過したタイミングで、
 ウムルが世界に溶けた。
 空間を移動して、
 明確な有利を奪い取る。

 ソっと、センは目を閉じた。
 全身の感覚を研ぎ澄ませる。
 空気の輪郭を知る。
 世界と一つになる。
 調和の果てに、
 センは、

「どりゃぁっっ!!」

 ウムルが死角から出現するコンマ数秒前に、
 予備動作を開始し、
 その勢いのまま、
 『異空間からとびだしてきたウムル』の下顎に、
 アッパースタイルの掌底打ちを放つ。

 物理ダメージではなく、衝撃と振動を求めた一手。

 モロにくらったウムルは、
 一瞬、頭がグワングワンと揺れたが、

「……くく……いくらなんでも、筋力が足りてなさすぎるな」

 すぐに体勢を立て直すと、
 そのまま、センの顔面めがけて、拳を叩き込む。
 その拳を、
 センは、鮮やかに片手でいなし、
 グンと、ウムルの懐にもぐりこむと、
 グイっと胸倉をつかみ、
 ギュウギュっと、軸足に魂を込めて、


「ふんばらだっしゃぁあああああっっ!!」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く