話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

66話 舞い散る閃光のインパルス。

 66話 舞い散る閃光のインパルス。

「どうしてもやりたいなら、別に遊んでやってもかまわないが……その場合、盟約は全てなかったことになる。貴様も、そこの女どもも、全員死ぬ。それでもいいか?」

「ああ、別にいいよ。俺が負けた時は、好きにしろ」

 その発言に対し、トコが、

「いや、ちょっ、待て! 何考えてんねん! あほか、お前!」

「うるせぇ。どうせ、お前は俺を殺さないだろう。お前は、完全にラリっている。何があろうと、お前は俺を殺さない。俺も、お前は殺せない。お前を殺せば、きっと、俺は、俺でなくなる。それだけは、何があっても許容できねぇ。――となれば、盟約などあってないようなもの」

 そう言いながら、
 センは、ゆっくりと、
 ロイガーとの距離を詰め、

 『手を伸ばせば届く距離』まで近づくと、

 そこで、スっと、武を構えて、

「いくぞ、ロイガー。殺してやる」

 ハッキリと、そう宣言した。

 その言葉を受けて、
 ロイガーは、
 『やれやれ』といった顔で、深いため息をついてから、

「……もし、本当に、貴様が私を殺せたら、心の底から褒め称えてやるよ」

 そう言いながら、殺気をにじませるロイガー。

 そこでトコが、

「いや、だから、何をアホな事を! そんな無意味なコトやらせるワケ――」

 などと言いながら、二人の間に入ってこようとしたのだが、
 しかし、そこで、
 ロイガーは、

「うるさい、だまれ」

「ぅぐっ」

 呪縛の魔法を使って、トコの体を停止させる。
 ダメージを与えるたぐいの魔法ではない。
 単純に動けなくなっているだけ。

 ロイガーは、

「さて、それでは、はじめようか。愚かさの発表会を」

 呆れ交じりに、そう言ってから、
 センの頭を吹っ飛ばそうと、
 右腕を、スっと伸ばした。

 伸びの良いジャブ。
 目障りな虫けらを叩き潰す程度の拳。
 ただし、常人の目ではとらえられない速度。

 普通の人間であれば、
 瞬く間に、頭が吹っ飛んで終わりなのだが、
 しかし、







「――見えた……っ! だぁぁりゃぁああああああああああっっっ!!!」







 センはそう叫びながら、
 ロイガーの拳に、自分の体を丁寧に合わせる。
 神速の反応。

 研ぎ澄まされた神経が、
 完璧なる調和の奥底で、
 一斉にピカピカと光る。

 肉体が限界を超えて躍動する。
 『命の限界に挑戦している』と評すべき『脆弱な肉体』が、
 『深淵を覗き込むインパルス』によって、
 むりやり『可能性の向こう側』まで跳躍させられる。

 ギリギリッッ!
 と、命の軋む音が、世界に響き渡る。

 神経線維に武装された『すべての髄鞘』が、
 『もっと速く』と叫んでいる。
 ビリビリと震えて弾ける。


 ロイガーの視点ですら一瞬の出来事だった。


 グンッッっと、
 『螺旋に巻き込まれた』――
 と認識するよりもはやく、

「ぅああああああっっ!!」

 ロイガーの体は、
 右腕を軸として、
 地面に、

 ズガンッッ!!

 と、たたきつけられた!


「どぼほぇっっ!!」


 常識外れの衝撃に、
 吐血を余儀なくされるロイガー。

 ただ投げられたのではない。
 体内の気が逆流している。

 恐ろしく高次の体術。
 信じられない神業。

 当然のように、意識が持っていかれた。
 ロイガーの脳が、グラングランと揺れている。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く