話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

47話 S級GOOは、ほぼ神。

 47話 S級GOOは、ほぼ神。

「おいおい、ちょぉ待てぇ……S級? え? 最上級のGOO? ウソやろ? マジでいうてる? ウソやろ? あたしら、最高でも、C級ぐらいしか、相手したことないで……」

 愕然としているトコに、
 ロイガーは、

「くくく……だろうな。C級以上のGOOともなれば、そうそう召喚できないからな」

 神話生物の召喚は、階級が上がれば上がるほど難易度が上がる。

 E級やD級は、比較的簡単に召喚できるが、
 その分、存在値がかなり低い。
 『人間の兵器』でも、種類と量次第で勝てなくもない。

 ただ、C級から上になってくると、
 召喚するための条件がグっと厳しくなってきて、
 携帯ドラゴンの力なしでは太刀打ちできなくなってくる。

 ――そこで、ロイガーは、

「ハッタリと思われるのは不愉快だからな……私の力を、少し見せてやる」

 オーラを増大させる。
 グンと膨れ上がった存在値。
 バチバチと電気が走り、
 空気がピリっと引き締まる。

 ロイガーの膨大さを受けて、
 トコたちは、ロイガーの言葉が事実だと気づいた。

「う、うそやろ……」

「なに……この大きさ……」

「小物臭がハンパじゃないから、ハッタリだろうにゃぁ、と思っていたけど、どうやら、マジでS級っぽいにゃぁ。はははー、罪華さん、どうやら、今日、死んじゃうみたいだにゃぁ。はははー」

「笑っている場合じゃないでしょう、罪華さん……これ、本当にまずいですよ……」

 神話狩りの面々がおののいていると、
 ロイガーが、

「今日、お前らは、神を知る。限りなくアウターゴッドに近い『天上』の力。『最強』という概念を知ることとなる。その喜びに、打ち震えながら、あの世にいくといい」

 ニタニタと笑いながら、そう言うと、
 拳にオーラを込めて、





「さあ、絶対なる死を前に、魂の底から、なげき苦し――ぐぎぎっ!!」





 トコたちに殴り掛かろうとしたところで、
 ロイガーは、電気ショックでも受けたみたいに、
 ビクビクと痙攣(けいれん)して、その場に倒れこんだ。

 神話狩りの面々は、ワケが分からず、

「え? なに、これ? どういうこと?」

 と、首をかしげていると、
 ロイガーが、ゆっくりと起き上がって、

「……ぐぅう……ぁ、ああ……そ、そうか……そうだった……まずは、準備を……」

 などと、ブツブツ言いながら、
 全身に、回復魔法を使う。

「べ、別に、反抗する気はありませんよ……ちょっと、本当に忘れただけです……ちゃんとやります……もうしわけありません……」

 などと、小物臭に包まれながら、ぶつぶつ言ったあとで、

「すぅ……はぁ……」

 一度、深呼吸をしてから、
 ロイガーは、トコたちに視線を向けて、

「……私はとても寛大なので、貴様らに、作戦をたてる準備をやる。貴様らが行動を開始するまで待っていてやるから、さあ、存分に話し合え。さあ、私という脅威に対し、どのように立ちまわる?」

「「……」」

 状況がさっぱり飲み込めないトコと黒木。
 その間、ずっと空気になっていたセンは、
 心の中で、

(最初から思っていたが……あいつの言動、なんか、全部、白々しいというか……芝居くさいというか……)

 などと、つぶやいていると、
 それまでの間、ずっと、必死になって頭を回していた紅院が、


「――総員、退避!!」


 そう叫んだ。

 紅院美麗が、神話生物対策委員会の七代目リーダーという地位につかされた理由は三つある。
 ・神話狩りとして最強であり、
 ・危機感知能力が高く、
 ・判断力が優れているから。


「私が時間を稼ぐ!」



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く